ふみの森もてぎ落成式

 平成28年7月15日、「ふみの森もてぎ落成式」が行われました。元禄16年(1703年)創業の酒造蔵元ほか、隣接する1900坪の土地に、町有林材をふんだんに活用した「まちなか文化交流館〈ふみの森もてぎ〉」の落成です。棟札によると弘化3年(1848年)という仕込み蔵の梁や柱を活用した“ギャラリーふくろう”に設けられた式典会場には、来賓および招待者、関係者など総勢120名が顔を揃え、玄関前で行われたテープカットまで、茂木町の新しい文化拠点のスタートをお祝いしました。

【古口達也町長による式辞】

宝探しinふみの森

 7月17日、ふみの森もてぎグランドオープンの翌日、図書館には朝からたくさんの子供たちの元気な姿でいっぱい。「宝探しinふみの森」と題されたイベントが開催されました。主催したのは「なでしこの会」で、ふみの森もてぎを支えるサポーター組織の「ふみの森の仲間たち“こだま”の会」に登録しているボランティア団体です。

 
栃木県指定文化財(史跡)昭和51年4月13日指定
所在地 ■塩田226番地 能持院
規 模 ●東西27.0m、南北11.8m、面積318.6㎡
形 態 ●宝篋印塔 1、石燈籠13
 
能持院の左奥の杉木立の中にある。茂木藩主であった細川氏の初代興元から9代興貫まで、墓石を設けずに墓標として1本の杉を植え、その前に没年月日を陰刻した石燈籠を設けている。これは墓制史上きわめて特異で、県内では唯一である。老杉はありふれた墓石とは趣を異にして荘厳であり、禅寺の墓所にふさわしく、細川家の威光を無言のまま誇示しているようである。
 
2019年 (令和元年)
9月23日(月)
Weather
火~金 9:00~19:00
土日祝 9:00~18:00