ふみの森もてぎ落成式

 平成28年7月15日、「ふみの森もてぎ落成式」が行われました。元禄16年(1703年)創業の酒造蔵元ほか、隣接する1900坪の土地に、町有林材をふんだんに活用した「まちなか文化交流館〈ふみの森もてぎ〉」の落成です。棟札によると弘化3年(1848年)という仕込み蔵の梁や柱を活用した“ギャラリーふくろう”に設けられた式典会場には、来賓および招待者、関係者など総勢120名が顔を揃え、玄関前で行われたテープカットまで、茂木町の新しい文化拠点のスタートをお祝いしました。

【古口達也町長による式辞】

宝探しinふみの森

 7月17日、ふみの森もてぎグランドオープンの翌日、図書館には朝からたくさんの子供たちの元気な姿でいっぱい。「宝探しinふみの森」と題されたイベントが開催されました。主催したのは「なでしこの会」で、ふみの森もてぎを支えるサポーター組織の「ふみの森の仲間たち“こだま”の会」に登録しているボランティア団体です。

文化の「地産地賞」ということ

昨年(2019年)の11月29日から12月15日まで、ギャラリーふくろうで開催された「長谷川隆 水彩画展」は、訪れた人たちに静かな感動を呼び起こす展覧会だったと思います。茂木の里山と田園の風景画を中心に長谷川隆さんが旅をして描いた全国各地の風景画も展示され、そのどれもがやや淡い色彩とやわらかく繊細なタッチの美しい作品で、観ているとどこか懐かしく心が和んでくるようでした。しかも一見似たような風景が季節や時間帯によって微妙に描き分けられていて、実に多様な作品世界がひろがっていました。自然豊かな茂木町に、また「ふるさと」をテーマの一つとするふみの森に、まさにぴったりの展覧会でした。

続きを読む: 森を語る<20>

ふみの森もてぎ、満3歳になりました

「森を語る」前回は今年2月でしたのでかなり間が空きました。5月には天皇の代替わりと改元があり、時代の節目を経てふみの森もてぎは先日開館3周年を迎えました。この間ふみの森では、3月末に『ふみの森もてぎ叢書』を新たに刊行し、平成の終わりから令和の幕開けに「羽石光志歴史画展」、開館3周年を記念して「金子節子原画展」と特別展「茂木文書の世界」を開催しました。この連載が休筆状態にならざるをえなかった出来事を振り返ってみます。

続きを読む: 森を語る〈19〉

ふみの森もてぎの建築ー図書館建築賞受賞に寄せて

年が改まり「平成」の元号も残りわずかになりました。ふみの森もてぎも足かけ4年目となり、今年の夏には開館3周年を迎えます。引き続き皆様にご愛用いただけますよう、スタッフ一同さらに努力を重ねていきたいと思います。ところで、この新年から図書館の入口右手に「図書館建築賞」と印字された長方形・半透明のプレートが取り付けられています。これは既報のとおり当館が第34回日本図書館協会建築賞に選ばれ、昨年10月の表彰式で副賞として授与されたものです。取り付けにちょっとした工事が必要でお披露目が年を越してしまった次第です。

続きを読む: 森を語る〈18〉

2020年 (令和2年)
2月18日(火)
Weather
火~金 9:00~19:00
土日祝 9:00~18:00