ふみの森もてぎ落成式

 平成28年7月15日、「ふみの森もてぎ落成式」が行われました。元禄16年(1703年)創業の酒造蔵元ほか、隣接する1900坪の土地に、町有林材をふんだんに活用した「まちなか文化交流館〈ふみの森もてぎ〉」の落成です。棟札によると弘化3年(1848年)という仕込み蔵の梁や柱を活用した“ギャラリーふくろう”に設けられた式典会場には、来賓および招待者、関係者など総勢120名が顔を揃え、玄関前で行われたテープカットまで、茂木町の新しい文化拠点のスタートをお祝いしました。

【古口達也町長による式辞】

宝探しinふみの森

 7月17日、ふみの森もてぎグランドオープンの翌日、図書館には朝からたくさんの子供たちの元気な姿でいっぱい。「宝探しinふみの森」と題されたイベントが開催されました。主催したのは「なでしこの会」で、ふみの森もてぎを支えるサポーター組織の「ふみの森の仲間たち“こだま”の会」に登録しているボランティア団体です。

ギャラリー案内

 

ふみの森もてぎギャラリー歴史資料展示室で、現在開催中の展示や、これからの展示予定をお知らせするコーナーです。『ギャラリーふくろう』『町民ギャラリーこもれび』『質蔵』それぞれのギャラリーの雰囲気や個性を味わいつつ、ゆったりとした気分で展示をお楽しみください。

12月6日から12月11日まで、ふみの森もてぎ ギャラリーこもれび にて「茂木写真クラブ写真展」を開催しています。茂木町を中心に、県内外の豊かな自然地域の人たちの暮らしなどをとらえた写真作品約50点を展示しています。皆さん、ぜひ、ご覧ください。

10月8日から12月25日まで、ふみの森もてぎ歴史資料展示室にて

アートリンクとちぎ2022 小堀鞆音と羽石光志 師弟、ふたりの歴史画』を開催しています。

茂木町出身で「最後の近代歴史画家」といわれた羽石光志と「近代歴史画の父」といわれた小堀鞆音は同じ栃木県出身という縁があり、鞆音は光志にとって尊敬する師匠でもありました。羽石光志生誕120年を記念し、師弟ふたりの「歴史画」を栃木県立美術館とふみの森もてぎの所蔵作品から紹介し、その魅力、追い求めた思いに迫ります。

2022年 (令和4年)
12月7日(水)
Weather
火~金 9:00~19:00
土日祝 9:00~18:00