ふみの森もてぎ落成式

 平成28年7月15日、「ふみの森もてぎ落成式」が行われました。元禄16年(1703年)創業の酒造蔵元ほか、隣接する1900坪の土地に、町有林材をふんだんに活用した「まちなか文化交流館〈ふみの森もてぎ〉」の落成です。棟札によると弘化3年(1848年)という仕込み蔵の梁や柱を活用した“ギャラリーふくろう”に設けられた式典会場には、来賓および招待者、関係者など総勢120名が顔を揃え、玄関前で行われたテープカットまで、茂木町の新しい文化拠点のスタートをお祝いしました。

【古口達也町長による式辞】

宝探しinふみの森

 7月17日、ふみの森もてぎグランドオープンの翌日、図書館には朝からたくさんの子供たちの元気な姿でいっぱい。「宝探しinふみの森」と題されたイベントが開催されました。主催したのは「なでしこの会」で、ふみの森もてぎを支えるサポーター組織の「ふみの森の仲間たち“こだま”の会」に登録しているボランティア団体です。

 秋も深まり、陽が落ちるのが早くなりましたね。秋の夜長、虫の音をバックに読書に耽るのはいかがでしょう。今月の特集棚には、読み聞かせボランティア「ぽけっと」さんが秋におすすめの本を選んで並べてくれました。「そこに本があるしあわせ」と題して、「秋の夜長は」「味わう秋」「感じる秋」「楽しむ秋」とそれぞれの言葉に合わせた本が並びました。まちかど図書館時代からいろいろなイベント等でお世話になっている「ぽけっと」さん。ふみの森もてぎの頼りになる応援団です。

 今月のハロウィンには、「ぽけっと」さん特製のしおりも配布予定とのこと。楽しみですね。     (森の番長)

 ふみの森のトイレにボランティアさんが飾ってくださるお花が今週は彼岸花でした。土手の彼岸花も蕾が膨らんできましたね。茂木では今、稲刈りの真っ最中。コンバインの音があちこちから聞こえます。そば畑には白いそばの花。金木犀の優しい香りもしています。ふみの森から見える城山の彼岸花は5分咲きとか。そういえば、昨日から始まった「駅からハイキング」。当館内の「カフェ ラ・パンセ」においても飲物割引券が使用できるそうです。ふみの森では、もてぎの秋の作品展「無言の調和」が20日まで開催中です。感染対策をとりながら、芸術の秋、スポーツの秋、茂木の秋を楽しんではいかがですか。    (森の番長)

 全国的にコロナウィルス感染症拡大が止まりません。栃木県においても、7月中旬から感染者数がどんどん増え、8月20日には緊急事態宣言が発令されました。 

 県立図書館はじめ、美術館や博物館が臨時休館になり、それに伴い他の市町の図書館も休館していきました。さて、我がふみの森はどうしようと職員同士で話し合いました。というのも、令和2年の年明け、新型コロナウィルス感染症の感染拡大に伴い、他の図書館が休館になる中、最後まで開館していた当館に他町や他県の方がたくさんお見えになっていたからです。当館は町外の方にも広く利用していただこうと、開館当初からどなたでも図書館カードが作れます。そんなことから、新規の利用者が増え、感染防止のため3月7日から3月末まで臨時休館にした経緯がありました。その後も、4月の緊急事態宣言が発令されたときは、やはり休館し予約者への貸出のみを行ってきました。緊急事態宣言解除後は、他の図書館もそうだと思いますが、日本図書館協会が作成した「感染拡大予防ガイドライン」をもとに考えられる対策をとりながら開館をしてきました。利用者の方へは手指の消毒や、マスクの着用と短時間利用のお願い。館内は常に窓を開け換気を行い、キャレル席も2人掛けのところを1人掛けにし、使用後は除菌の徹底を実施しています。館内の見回りを行い、学生が密になって話をしている時は注意もします。返却された本は、除菌後一定期間を置き棚に戻しています。

 そんな中での、今回の緊急事態宣言発令です。茂木町においても感染者が増えていました。でも、今までの予防対策を徹底し、また、新規で利用をしたい方につきましてはご遠慮いただき、開館時間も短縮するなどして開館に踏み切りました。職員もより一層の除菌作業を行っています。

 土日には、子供たちが親御さんと一緒に訪れ、たくさんの本を借りていきます。自宅で本を読み合う親子の様子が目に浮かびますが、ふみの森でゆっくり本を読み合う時間が早く来ることを願うばかりです。     (森の番長)

2021年 (令和3年)
10月25日(月)
Weather
火~金 9:00~19:00
土日祝 9:00~17:00