ふみの森もてぎ落成式

 平成28年7月15日、「ふみの森もてぎ落成式」が行われました。元禄16年(1703年)創業の酒造蔵元ほか、隣接する1900坪の土地に、町有林材をふんだんに活用した「まちなか文化交流館〈ふみの森もてぎ〉」の落成です。棟札によると弘化3年(1848年)という仕込み蔵の梁や柱を活用した“ギャラリーふくろう”に設けられた式典会場には、来賓および招待者、関係者など総勢120名が顔を揃え、玄関前で行われたテープカットまで、茂木町の新しい文化拠点のスタートをお祝いしました。

【古口達也町長による式辞】

宝探しinふみの森

 7月17日、ふみの森もてぎグランドオープンの翌日、図書館には朝からたくさんの子供たちの元気な姿でいっぱい。「宝探しinふみの森」と題されたイベントが開催されました。主催したのは「なでしこの会」で、ふみの森もてぎを支えるサポーター組織の「ふみの森の仲間たち“こだま”の会」に登録しているボランティア団体です。

 記録的な早さで梅雨が明け、毎日暑い日が続いていますね。先日は開館と同時に来られた利用者さん。「暑くて何もできないから、図書館で本を読もうと思って」と閲覧席の手続きをなさいました。その方は、涼しい館内でゆっくりと読書をされたようです。ご自宅で過ごすのもいいですが、たまには図書館で過ごしてみてはいかがですか。現在ふみの森では、閲覧席を開放しています。カウンターで受付が必要になりますが、時間の制限はありません。読書以外にも、ギャラリーでは木口木版画展、植物画展が開催され、歴史資料展示室では「幻の長倉線ー地域発展にかける夢」と題して未成線の展示を行っています。読書に疲れたら、カフェでひと休みもいですね。各家庭でクーラーをつけるより、図書館のような公共施設で過ごせば温暖化防止にも・・・。今年の夏は、図書館でクールシェアしませんか。(森の長老)

 

 ふみの森もてぎ図書館は、開館からもうすぐ6年が過ぎます。まだまだ整備半ばです。地域資料の整備もその一つ。ふみの森もてぎ図書館ができる前は「まちかど図書館」という名の小さな公民館図書室がありました。が、地域資料は少なめです。町の歴史を後世に残していくのも図書館の役目。今回、約20年前「茂木町史」を作成した時に集めた資料を少しずつ製本をして蔵書にしました。「茂る力」は茂木小学校の児童の文集。1960年出版の号から約40冊を数冊ずつ製本しました。よく知っている人の作文や自分の作文なども見つけ、急に過去がよみがえりました。「あゆみ」は茂木中学校の生徒会誌、「雄龍」は茂木高校社会部の研究紀要。「あらかし」は茂木町短歌会の年刊歌集です。製本をすると見違えるようになり、貴重な蔵書になりました。(森の長老)

 ふみの森もてぎのギャラリーは、3つあります。一番大きなギャラリーが「ふくろう」次が「こもれび」そして「質蔵」と名前がついています。一度に3つすべてを使う展示もあれば、それぞれ別な展示が行われることもあります。そこでは、展示を見に来られた方と展示者との交流はもちろん、同時期に行われている展示者同士の交流も生まれます。お互いの作品を鑑賞したり、情報交換をするなど、みなさん人と人との出会いと交流を楽しんでいます。そして、この出会いと交流がみんなを元気にしているようです。コロナ感染の不安はまだまだ消えませんが、少しずつ、出会いと交流を見つけに出かけてみてはいかがですか。ふみの森もてぎは、歴史や文化そして本との出会い、また人々の出会いと交流の空間になることを目指しています。(森の長老)

2022年 (令和4年)
8月19日(金)
Weather
火~金 9:00~19:00
土日祝 9:00~18:00