ふみの森もてぎ落成式

 平成28年7月15日、「ふみの森もてぎ落成式」が行われました。元禄16年(1703年)創業の酒造蔵元ほか、隣接する1900坪の土地に、町有林材をふんだんに活用した「まちなか文化交流館〈ふみの森もてぎ〉」の落成です。棟札によると弘化3年(1848年)という仕込み蔵の梁や柱を活用した“ギャラリーふくろう”に設けられた式典会場には、来賓および招待者、関係者など総勢120名が顔を揃え、玄関前で行われたテープカットまで、茂木町の新しい文化拠点のスタートをお祝いしました。

【古口達也町長による式辞】

宝探しinふみの森

 7月17日、ふみの森もてぎグランドオープンの翌日、図書館には朝からたくさんの子供たちの元気な姿でいっぱい。「宝探しinふみの森」と題されたイベントが開催されました。主催したのは「なでしこの会」で、ふみの森もてぎを支えるサポーター組織の「ふみの森の仲間たち“こだま”の会」に登録しているボランティア団体です。

日々の茂木に関する情報を拾い集めて、町の歴史をちょっとずつ刻んでゆきます。

1月20日(金)

  • 茂木のアマ演劇団体 前代表の遺志 真剣稽古 コロナで延期 ミュージカル3月上演(下野新聞、26面)
  • 芳賀地区里香典 茂木・ふみの森もてぎ 1/21・22(真岡新聞、4面)

1月19日(木)

  • 幻の駅 薫るレトロ 茂木・長倉駅「下野中川」希少な車掌車設置(下野新聞、1面)
  • ヘーゼルナッツ特産に 茂木で生産団体発足 低労力、地域おこし期待(下野新聞、25面)

1月18日(水)

  • 茂木・須藤地区住民ら 放置竹林活用メンマを生産(下野新聞、24面)
  • 棚田、梅の木オーナーに 茂木町、計4地区で募集(下野新聞、25面)

1月16日(月)

  • 逆川で釣り大会 参加者を募る 3月5,6の両日(下野新聞、21面)

1月13日(金)

  • 読者登壇 茂木町の魅力発信来町者増加へ(下野新聞、5面)
  • 今週の展示館だより 茂木の考古学(1/14~)(下野新聞、20面)
  • 週刊情報ワイド 第2回arugamama(下野新聞、21面)
  • 「あるがまま」の演奏会を開催へ ふみの森もてぎ(下野新聞、24面)
  • 県内移住相談 最多5388件 21年度茂木町3年連続1位(毎日新聞、21面)
  • 令和4年度ふるさと茂木写真コンテスト(よみうりタイムス、5面)
  • 案内板 音楽【茂木】第2回arugamamaコンサート、ギャラリー【茂木】もてぎの星空観察写真展(よみうりタイムス、7面)
  • みんなで防ごう 林野火災 ポスターで最高賞農水大臣賞(真岡新聞、1面)
  • 茂木・準優勝など芳賀4チーム入賞 県中学校新人バレーボール大会(真岡新聞、2面)
  • 消防フェア2022開催 真岡消防署茂木分署で(真岡新聞、2面)

1月10日(火)

  • 山火事予防ポスター用原画中学校の部で、農林水産大臣賞を受賞。茂木中学校3年古内るいさん。(下野新聞、18面)

1月7日(土)

  • ドローイングなど40点 14日から宇都宮 版画家 見目さん個展(下野新聞、23面)
  • 公営塾充実など町長が新年抱負(下野新聞、24面)

1月6日(金)

  • 茂木錬心館が創立65周年 5年に一度の記念大会で技を競う(真岡新聞、2面)
  • 真岡西RC杯バレーボール大会 茂木中が優勝(真岡新聞、3面)

1月5日(木)

  • 希少な車掌車 展示へ 未成線「長倉線」で茂木町 「幻の駅」観光地化目指す 62年製、都内から譲渡(下野新聞、20面)
  • 〈読者登壇〉過疎化進む地域 特別活動に意義 益子町 高校3年生(下野新聞、5面)

1月4日(水)

  • SUM代表理事 町建設課職員 資源の魅力発信に貢献(下野新聞、18面)

1月3日(火)

  • モビリティリゾートもてぎ展 写真パネルで魅力紹介(下野新聞、26面)

1月1日(日)

  • 森の教室どんぐりくんと森の仲間たち in茂木愛泉幼稚園(真岡新聞、17面)
2023年 (令和5年)
1月28日(土)
Weather
火~金 9:00~19:00
土日祝 9:00~18:00