ふみの森もてぎ落成式

 平成28年7月15日、「ふみの森もてぎ落成式」が行われました。元禄16年(1703年)創業の酒造蔵元ほか、隣接する1900坪の土地に、町有林材をふんだんに活用した「まちなか文化交流館〈ふみの森もてぎ〉」の落成です。棟札によると弘化3年(1848年)という仕込み蔵の梁や柱を活用した“ギャラリーふくろう”に設けられた式典会場には、来賓および招待者、関係者など総勢120名が顔を揃え、玄関前で行われたテープカットまで、茂木町の新しい文化拠点のスタートをお祝いしました。

【古口達也町長による式辞】

宝探しinふみの森

 7月17日、ふみの森もてぎグランドオープンの翌日、図書館には朝からたくさんの子供たちの元気な姿でいっぱい。「宝探しinふみの森」と題されたイベントが開催されました。主催したのは「なでしこの会」で、ふみの森もてぎを支えるサポーター組織の「ふみの森の仲間たち“こだま”の会」に登録しているボランティア団体です。

日々の茂木に関する情報を拾い集めて、町の歴史をちょっとずつ刻んでゆきます。

1月21日(木)

  • 国体トランポリン会場の茂木 受け入れ準備着々 体育館改修、道路も拡幅(下野新聞、23面)

 

1月20日(水)

  • 平安以降の文化財紹介 ふみの森もてぎで企画展(下野新聞、20面)
  • <読書登壇>業平の姿糸口に コロナ禍生きる 茂木町 入野充子さん(下野新聞、5面)
  • <読者登壇>先人の努力実感 幻の長倉線探訪 真岡市 小森哲也さん(下野新聞、5面) 

 

1月19日(火)

  • 「大寒たまご」茂木で即売会 20日前後に開催(毎日新聞、21面)

 

1月17日(日)

  • 県高校ビブリオバトル 県大会入賞 見木希武さん(茂木高校2年)(下野新聞、24面)

1月16日(土)

  • 寒の城山 漂う芳香 茂木 ロウバイ五分咲き(下野新聞、1面)
  • 圧倒的存在感の造形美 茂木 稲葉さん個展24日まで(下野新聞、24面)

1月15日(金)

  • 町民センターなど一般の利用を制限(下野新聞、21面)
  • 茂木町の魅力発信 ゆずも通信(真岡新聞、2面)
  • 感動を呼ぶ稲葉校長の彫刻展(真岡新聞、6面)

1月13日(水)

  • 「大寒たまご」販売(下野新聞、21面)

1月12日(火)

  • 茂木町商工会などが入居 商工産業会館移転へ 年度内旧教委事務所を改修(下野新聞、20面)

1月11日(月)

  • 茂木 縦町通り再整備着工へ 新年度に県、電線地中化 歩道広げ、歩きやすく(下野新聞、22面)

 

1月10日(日)

  • 読者登壇 柔道経験生かし農業の道へ努力 茂木町 (高校3年)(下野新聞、5面)
  • 茂木・美土里農園 イチゴ狩りの一枚募集 フォトコンテストを開催(下野新聞、24面)

1月9日(土)

  • 各施設の利用1時間半短縮 31日まで(下野新聞、21面)
  • 消えた成人式 陰る商機 茨城や栃木 中止・延期相次ぐ 晴れ着キャンセル続出 〈茂木町は式典と立食パーティーをやめ、写真撮影のみ実施〉(日本経済新聞、31面)

 

1月8日(金)

  • 不登校児 居場所開設へ 中川保育園跡地を活用(下野新聞、20面)
  • 真岡線全線開通100年 茂木駅で周年記念式典(よみうりタイムス、1面)
  • 駅弁「◎もーてつごはん」発売(真岡新聞、2面)

1月7日(木)

  • 読者登壇 違い受け入れる柔軟さ持ちたい 茂木町 高校3年(下野新聞、5面)
  • 山火事予防ポスター 入賞・入選 茂木中3年1名、2年2名(下野新聞、5面)

1月6日(水)

  • 新春花火大会4500人が満喫 ツインリンクもてぎ(毎日新聞、18面)

1月4日(月)

  • 実は彫刻家、茂木中の稲葉守校長 「作品見て和んでほしい」6日から「ふみの森」で個展(下野新聞、24面)

1月3日(日)

  • 新春の夜空、光あふれ 密避け4500人楽しむ ツインリンク花火大会(下野新聞、26面)
2021年 (令和3年)
1月22日(金)
Weather
火~金 9:00~19:00
土日祝 9:00~17:00