ふみの森もてぎ落成式

 平成28年7月15日、「ふみの森もてぎ落成式」が行われました。元禄16年(1703年)創業の酒造蔵元ほか、隣接する1900坪の土地に、町有林材をふんだんに活用した「まちなか文化交流館〈ふみの森もてぎ〉」の落成です。棟札によると弘化3年(1848年)という仕込み蔵の梁や柱を活用した“ギャラリーふくろう”に設けられた式典会場には、来賓および招待者、関係者など総勢120名が顔を揃え、玄関前で行われたテープカットまで、茂木町の新しい文化拠点のスタートをお祝いしました。

【古口達也町長による式辞】

宝探しinふみの森

 7月17日、ふみの森もてぎグランドオープンの翌日、図書館には朝からたくさんの子供たちの元気な姿でいっぱい。「宝探しinふみの森」と題されたイベントが開催されました。主催したのは「なでしこの会」で、ふみの森もてぎを支えるサポーター組織の「ふみの森の仲間たち“こだま”の会」に登録しているボランティア団体です。

日々の茂木に関する情報を拾い集めて、町の歴史をちょっとずつ刻んでゆきます。

8月2日(日)

  • 「寒ざらしそば」弾力ある味わい 那須烏山・茂木(朝日新聞、21面)

7月25日(土)

  • 読者登壇 俳人黒田さんの作品この機会に(下野新聞、5面)
  • 店内で味わえる祇園祭の雰囲気 大町の屋台 模型に 茂木・石崎さんが製作(下野新聞、20面)

 

7月24日(金)

  • 週刊情報ワイド 美術 茂木中美術部作品展(下野新聞、13面)
  • 8/16迄受付 一年後の〇〇さんに手紙を書こう ふみの森もてぎ開館4周年記念事業(真岡新聞、5面)
  • 明日花プロジェクトで得た希望 花火とコラボし演奏する栗田さん(真岡新聞、6面)
  • 八雲神社例祭神事は7/25・26、神輿山車の渡御は中止(真岡新聞、7面)
  • 案内板 【茂木】茂木中学校美術部作品展。(栃木南部よみうりタイムス、7面)

 

7月23日(木)

  • 羽石光志の足跡たどる ふみの森もてぎ特別展町出身「最後の近代歴史画家」新たな寄贈5作品も(下野新聞、20面)

 

7月22日(水)

  • 防護服など茂木町に寄贈 高齢者が手作り(下野新聞、25面)
  • 麺の道 県央味めぐり⑮ つけ汁うどん 姫石うどん(茂木) ちぢれ麺、小鉢も存在感 (下野新聞、24面)

 

7月21日(火)

  • 茂木で住宅の畳焼く(下野新聞、2面)

 

7月20日(月)

  • とちぎ青春譜④ ~2020夏~ 県内高校運動部 負けない3年生 茂木 柔道部(下野新聞、12面)

 

7月19日(日)

  • 幸福 犠打の1点死守 茂木 打線つながり欠く(下野新聞、10面)
  • 漆黒の雄姿 快走再び 真岡鉄道SL 4カ月半ぶり(下野新聞、24面)

7月18日(土)

  • 旧岡崎家隠居室、石蔵(足利) 旧山中家主屋(下野) 旧木幡小(茂木) 有形文化財に答申 国の審議会、県内4件(下野新聞、5面)
  • 旧岡崎家住宅など4件 国有形文化財に答申(産経新聞、25面)

 

7月17日(金) 

  • 学校再開前に通学路の草刈り 桧山さん家族が子どもが育つ環境整える(真岡新聞、6面)
  • 開館4周年で記念特別展 ふみの森で羽石光志新規収蔵作品展 9/22まで(真岡新聞、6面)

 

7月16日(木)

  • 里山ウォーク 今秋は中止に(下野新聞、21面)
  • 福島・国見から名産の桃 19日、道の駅もてぎで直売(下野新聞、21面)

 

7月14日(火)

  • 集配中の異変 情報提供 茂木町と郵便局が協定(下野新聞、25面)
  • 「花の山」が来月 初の自然観察教室 参加者を募集 今月末締め切り(下野新聞、25面)
2020年 (令和2年)
8月4日(火)
Weather
火~金 9:00~19:00
土日祝 9:00~18:00