ふみの森もてぎ落成式

 平成28年7月15日、「ふみの森もてぎ落成式」が行われました。元禄16年(1703年)創業の酒造蔵元ほか、隣接する1900坪の土地に、町有林材をふんだんに活用した「まちなか文化交流館〈ふみの森もてぎ〉」の落成です。棟札によると弘化3年(1848年)という仕込み蔵の梁や柱を活用した“ギャラリーふくろう”に設けられた式典会場には、来賓および招待者、関係者など総勢120名が顔を揃え、玄関前で行われたテープカットまで、茂木町の新しい文化拠点のスタートをお祝いしました。

【古口達也町長による式辞】

宝探しinふみの森

 7月17日、ふみの森もてぎグランドオープンの翌日、図書館には朝からたくさんの子供たちの元気な姿でいっぱい。「宝探しinふみの森」と題されたイベントが開催されました。主催したのは「なでしこの会」で、ふみの森もてぎを支えるサポーター組織の「ふみの森の仲間たち“こだま”の会」に登録しているボランティア団体です。

日々の茂木に関する情報を拾い集めて、町の歴史をちょっとずつ刻んでゆきます。

5月29日(金)

  • 木のぬくもりにあふれた広域型 特養「うぐいすの森」竣工 6月から開所、一般向けの茶屋も併設(真岡新聞、1面)
  • 地域で暮らす人と人とがつながる場に 里山の未来見通す次世代コンビニ 茂木町Shop STEP-1 笹井基裕さん(真岡新聞、6面)
  • 飯塚さんのシャドーボックス展 ふみの森で3Dアート60点展示(真岡新聞、6面)
  • 茂木町「北高岡の獅子舞」DVDに(真岡新聞、7面)
  • 週刊情報ワイド シャドーボックス作品展 (下野新聞、21面)
  • 茂木に特養ホーム うぐいすの森6月から使用開始(毎日新聞、16面)
  • 1市4町へマスク寄贈 真岡青年会議所(栃木南部よみうりタイムス、5面)

 

5月28日(木)

  • ツインリンク遊園地など再開 きょうから(下野新聞、21面)

 

5月27日(水)

  • コロナ感染者搬送 専用救急車を配備 芳賀広域消防(下野新聞、21面)
  • 三セクの真岡鉄道 県に経営支援要望 2市4町 コロナで減収(下野新聞、19面)
  • 真岡鉄道支援 県に緊急要望 沿線6首長(読売新聞、23面)

 

5月26日(火)

  • PCR検査で全体研修 センター開設控え真岡市(下野新聞、23面)

5月23日(土)

  • 茂木町商材発信力向上へ 職員ら「地域商社」(毎日新聞、20面)

 

5月22日(金)

  • 真岡市 検査センター28日開設 週6日、1日最大10人対応(下野新聞、21面)
  • 非接触型体温計 通常登校控え寄贈 真岡など4RC(下野新聞、21面)
  • 今季入り込み客 1万人超え保つ ミツマタ群生地(毎日新聞、18面)

 

5月21日(木)

  • シジュウカラひな 間もなく巣立ち 茂木 民家の庭に営巣(下野新聞、21面)

 

5月17日(日)

  • 茂木・春のミツマタ群生地 今年も1万人超え(下野新聞、23面)
  • 国助成金の相談窓口設置 減収給付、3業種追加 茂木町 あすから(下野新聞、23面)

5月16日(土)

  • 飲食部門の営業 今日から再開 道の駅もてぎ(下野新聞、23面)

 

5月15日(金)

  • 特別職給与など 6ヵ月10%減額 茂木、6月議会提案(下野新聞、21面)

 

5月14日(木)

  • 農産物などブランド化し発信 茂木町職員ら「地域商社」設立(下野新聞、21面)
  • 茂木夏まつり 開催を断念(下野新聞、21面)
  • 茂木「花の山」 ツツジ最盛期 感染対策し再開(毎日新聞、16面)

 

5月13日(水)

  • 画面での学習支援進む 茂木中で5教科 テレビ番組収録(下野新聞、21面)

 

5月12日(火)

  • 次亜塩素酸水を茂木町に寄贈(下野新聞、20面)

 

5月11日(日)

  • 被災の水田が復旧 苦難乗り越え待望の田植え 茂木・河井(下野新聞、20面)
2020年 (令和2年)
6月3日(水)
Weather
火~金 9:00~19:00
土日祝 9:00~18:00