ふみの森もてぎ落成式

 平成28年7月15日、「ふみの森もてぎ落成式」が行われました。元禄16年(1703年)創業の酒造蔵元ほか、隣接する1900坪の土地に、町有林材をふんだんに活用した「まちなか文化交流館〈ふみの森もてぎ〉」の落成です。棟札によると弘化3年(1848年)という仕込み蔵の梁や柱を活用した“ギャラリーふくろう”に設けられた式典会場には、来賓および招待者、関係者など総勢120名が顔を揃え、玄関前で行われたテープカットまで、茂木町の新しい文化拠点のスタートをお祝いしました。

【古口達也町長による式辞】

宝探しinふみの森

 7月17日、ふみの森もてぎグランドオープンの翌日、図書館には朝からたくさんの子供たちの元気な姿でいっぱい。「宝探しinふみの森」と題されたイベントが開催されました。主催したのは「なでしこの会」で、ふみの森もてぎを支えるサポーター組織の「ふみの森の仲間たち“こだま”の会」に登録しているボランティア団体です。

1月21から2月3日まで、ふみの森もてぎ まちかどサロン にて「子ども会育成会活動写真展を開催しています。町内の各子供会育成会が実施したさまざまな活動の写真を多数展示しています。皆さん、ぜひ、ご覧ください。

1月21日(金)

  • 縁起物「大寒たまご」販売 道の駅もてぎ (下野新聞、20面)
  • 〈週刊情報ワイド〉日本水彩画那珂川支部・那珂川水彩画クラブ作品展 28日~2月10日(下野新聞、17面)
  • 観光行政の確立とコロナ対策を 新年賀詞交歓会と表彰式・褒賞受賞者祝賀会(真岡新聞、2面)
  • 那珂川絵画クラブの作品展 1/28~ふみの森で (真岡新聞、4面)
  • 【茂木】「ふるさともてぎ写真コンテスト」募集期間/1月31日(月)まで(よみうりタイムス、7面)

1月20日(木)

  • 茂木・地域おこし隊員 工藤さん イチゴがつなぐ故郷・岩手との絆 道の駅、22日に出張販売(下野新聞、20面)
  • 陽光に映えて 茂木ロウバイ見頃(下野新聞、20面)

1月19日(水)

  • 野生イノシシ3頭豚熱感染 足利は初確認、茂木も(下野新聞、4面)
  • 茂木の森林資源生かす道探ろう 講演や討論、町内ツアーも(下野新聞、23面)

1月18日(火)

  • シトラスリボン「願いかなう」結び方 茂木高で講習会(毎日新聞、20面)

1月17日(月)

  • 県内は190人感染 茂木 事業所でクラスター(下野新聞、2面)
  • しもつけ文芸 短歌1名、俳句2名 茂木町(下野新聞、17面)
  • 棚田、梅の木のオーナーを募集 茂木の4地区(下野新聞、26面)

1月14から1月27日まで、ふみの森もてぎ ギャラリーこもれび にて「町民学校 編み物教室・版画教室 作品展を開催しています。編み物教室・版画教室の受校生による作品約40点を展示しています。皆さん、ぜひ、ご覧ください。

1月15日(土)

  • けさの顔 未成線ツアーをガイド(下野新聞、25面)
  • 俳壇 茂木町男性1名(朝日新聞、24面)

1月14日(金)

  • 週刊情報ワイド 町民学校作品展 14~17 ふみの森もてぎ(下野新聞、20面)
  • 今週の展示館だより 茂木の文化財part3 ~3/6(下野新聞、21面)
  • 島崎雲圃「鮎図」など展示 茂木の文化財 民俗文化も紹介(下野新聞、24面)
  • 鉄道旅行作家 渡辺さん 真岡線SL価値伝えたい 町に写真集200組寄贈(下野新聞、25面)
  • 案内板 ギャラリー 【茂木】町民学校作品展(読売タイムス、7面)
  • 記者手帳(真岡新聞、1面)
  • 手編み・版画作品を展示 ふみの森もてぎで町民学校生徒作品展(真岡新聞、3面)

1月13日(木)

  • シトラスリボン茂木高校生が挑戦 町内の女性団体指導(下野新聞、20面)
  • 大けが乗り越え復帰後初の個展 茂木出身の版画家・見目陽一(産経新聞、23面)

1月11日(火)

  • SLと未成線の魅力満喫 モニターツアーで体験 真岡鉄道と茂木町企画(下野新聞、20面)

1月10日(月)

  • しもつけ文芸 俳句、詩 茂木町各1名(下野新聞、17面)
2022年 (令和4年)
1月21日(金)
Weather
火~金 9:00~19:00
土日祝 9:00~17:00