ふみの森もてぎ落成式

 平成28年7月15日、「ふみの森もてぎ落成式」が行われました。元禄16年(1703年)創業の酒造蔵元ほか、隣接する1900坪の土地に、町有林材をふんだんに活用した「まちなか文化交流館〈ふみの森もてぎ〉」の落成です。棟札によると弘化3年(1848年)という仕込み蔵の梁や柱を活用した“ギャラリーふくろう”に設けられた式典会場には、来賓および招待者、関係者など総勢120名が顔を揃え、玄関前で行われたテープカットまで、茂木町の新しい文化拠点のスタートをお祝いしました。

【古口達也町長による式辞】

宝探しinふみの森

 7月17日、ふみの森もてぎグランドオープンの翌日、図書館には朝からたくさんの子供たちの元気な姿でいっぱい。「宝探しinふみの森」と題されたイベントが開催されました。主催したのは「なでしこの会」で、ふみの森もてぎを支えるサポーター組織の「ふみの森の仲間たち“こだま”の会」に登録しているボランティア団体です。

といえば、クリスマス冬休み年越しお正月雪あそび・・・など、楽しいことがいっぱいです。ふみの森もてぎでは、の楽しさがいっぱいの絵本や児童書を集めてコーナーを作りました。一つは「栃木県の先生方が選んだ冬休み推薦図書コーナー」、もう一つは「冬をテーマにした絵本・児童書コーナー」です。おはなしを読んだら、寒いでも心がポカポカあたたかくなりそうだす。ぜひご来館ください。

12月6日から12月11日まで、ふみの森もてぎ ギャラリーこもれび にて「茂木写真クラブ写真展」を開催しています。茂木町を中心に、県内外の豊かな自然地域の人たちの暮らしなどをとらえた写真作品約50点を展示しています。皆さん、ぜひ、ご覧ください。

12月7日(水)

  • 高機能消防車茂木分署に導入 芳賀広域消防本部(下野新聞、20面)

12月5日(月)

  • しもつけ文芸 茂木町 短歌2名、俳句1名、川柳1名、詩1名(下野新聞、15面)
  • 真っ赤な大粒 大満足 茂木 観光イチゴ園開園(下野新聞、22面)

12月になり、あたたかい飲み物が恋しい季節になりました。コーヒー紅茶、なかにはお酒であたたまる、なんて方もいると思います。そこでふみの森では、飲み物をテーマに本を集めてみました。身近な飲み物にも知られざる歴史や、より美味しく楽しむコツなど、興味深い話がいっぱいあります。意外と知らない飲み物の世界、覗いてみませんか

2022年 (令和4年)
12月7日(水)
Weather
火~金 9:00~19:00
土日祝 9:00~18:00