ふみの森もてぎ落成式

 平成28年7月15日、「ふみの森もてぎ落成式」が行われました。元禄16年(1703年)創業の酒造蔵元ほか、隣接する1900坪の土地に、町有林材をふんだんに活用した「まちなか文化交流館〈ふみの森もてぎ〉」の落成です。棟札によると弘化3年(1848年)という仕込み蔵の梁や柱を活用した“ギャラリーふくろう”に設けられた式典会場には、来賓および招待者、関係者など総勢120名が顔を揃え、玄関前で行われたテープカットまで、茂木町の新しい文化拠点のスタートをお祝いしました。

【古口達也町長による式辞】

宝探しinふみの森

 7月17日、ふみの森もてぎグランドオープンの翌日、図書館には朝からたくさんの子供たちの元気な姿でいっぱい。「宝探しinふみの森」と題されたイベントが開催されました。主催したのは「なでしこの会」で、ふみの森もてぎを支えるサポーター組織の「ふみの森の仲間たち“こだま”の会」に登録しているボランティア団体です。

 
 
栃木県指定有形文化財(絵画)昭和54年4月24日指定
所有者 ■茂木町
作 者 ●島﨑雲圃(1730~1805)
仕 様 ●縦98㎝、横145㎝、幅仕立
年 代 ●寛政元年(1789)「寛政己酉季秋」の銘あり

早瀬をさかのぼる鮎の群を描いたもので、波間を遡上する姿態を的確に軽快に生気を示して表現され、画趣清淡、涼風を覚える感がある。雲圃60才の時の作で、没骨の画法で描かれている。没骨法とは、輪郭線を用いず水墨や彩色で物を形づくる方法で雲圃は没骨の画法を人物画に応用した業績で知られる。雲圃は、近江日野の商人島﨑利兵衛家の3代目で、絵を近江日野の高田敬輔に学んだ。
 
2019年 (令和元年)
7月21日(日)
Weather
火~金 9:00~19:00
土日祝 9:00~18:00