ふみの森もてぎ落成式

 平成28年7月15日、「ふみの森もてぎ落成式」が行われました。元禄16年(1703年)創業の酒造蔵元ほか、隣接する1900坪の土地に、町有林材をふんだんに活用した「まちなか文化交流館〈ふみの森もてぎ〉」の落成です。棟札によると弘化3年(1848年)という仕込み蔵の梁や柱を活用した“ギャラリーふくろう”に設けられた式典会場には、来賓および招待者、関係者など総勢120名が顔を揃え、玄関前で行われたテープカットまで、茂木町の新しい文化拠点のスタートをお祝いしました。

【古口達也町長による式辞】

宝探しinふみの森

 7月17日、ふみの森もてぎグランドオープンの翌日、図書館には朝からたくさんの子供たちの元気な姿でいっぱい。「宝探しinふみの森」と題されたイベントが開催されました。主催したのは「なでしこの会」で、ふみの森もてぎを支えるサポーター組織の「ふみの森の仲間たち“こだま”の会」に登録しているボランティア団体です。

 駆け足で秋がやってきました。城山公園の彼岸花も今は三分咲きといったところ。ふみの森の2階からも咲き出した彼岸花が見えるようになりました。今日から彼岸花ウイークがはじまり、その帰りと思われる方やこれから見に行くといった方がふみの森へも来館しています。

 現在、ギャラリーふくろうでは、作家協会による「2022もてぎの秋の作品展ー森に蠢く」を開催中。陶芸・絵画・版画・木漆工芸など町在住・出身のアーティスト11名と招待作家による作品展です。今年の招待作家は、岐阜にお住いの彫刻家天野裕夫氏です。木や石とブロンズを組み合わせた独特の技法で製作された作品約20点を展示しています。入口のウサギの彫刻が目を引きます。彼岸花と作家協会の作品展を見ると秋の訪れを感じます。19日までです。       (森の長老)

2022年 (令和4年)
9月26日(月)
Weather
火~金 9:00~19:00
土日祝 9:00~18:00