ふみの森もてぎ落成式

 平成28年7月15日、「ふみの森もてぎ落成式」が行われました。元禄16年(1703年)創業の酒造蔵元ほか、隣接する1900坪の土地に、町有林材をふんだんに活用した「まちなか文化交流館〈ふみの森もてぎ〉」の落成です。棟札によると弘化3年(1848年)という仕込み蔵の梁や柱を活用した“ギャラリーふくろう”に設けられた式典会場には、来賓および招待者、関係者など総勢120名が顔を揃え、玄関前で行われたテープカットまで、茂木町の新しい文化拠点のスタートをお祝いしました。

【古口達也町長による式辞】

宝探しinふみの森

 7月17日、ふみの森もてぎグランドオープンの翌日、図書館には朝からたくさんの子供たちの元気な姿でいっぱい。「宝探しinふみの森」と題されたイベントが開催されました。主催したのは「なでしこの会」で、ふみの森もてぎを支えるサポーター組織の「ふみの森の仲間たち“こだま”の会」に登録しているボランティア団体です。

 
 
栃木県指定記念物(天然記念物)
昭和46年6月25日指定 個人所有
推定樹齢●約700年
大  き  さ●樹高25.5m、目通り周囲3.5m、
      枝張り:東西14.5m、南北16.0m
 
母屋の東北に祀る氏神八幡宮の神木とされている。地上1.5mで東西へ周囲1.25mの枝をほぼ水平に3.6mほど伸ばし、その先は斜め上を向く。主幹は地上3~5mの間で6本の枝を上向きに出し、地上19mあたりから小枝が分かれている。巨木であり、樹勢は盛んで、多数の実がなる。モミジの巨木としては全国的に見ても指折りのもので、平成元年に栃木県名木百選に選ばれた。イロハモミジはイロハカエデ、タカオモミジともいわれ、カエデ科の落葉高木で関東以南の山地に自生し、庭木としてよく植えられ紅葉も美しい。材は木目が美しいので家具材にも利用される。
2019年 (令和元年)
10月23日(水)
Weather
火~金 9:00~19:00
土日祝 9:00~18:00