ふみの森もてぎ落成式

 平成28年7月15日、「ふみの森もてぎ落成式」が行われました。元禄16年(1703年)創業の酒造蔵元ほか、隣接する1900坪の土地に、町有林材をふんだんに活用した「まちなか文化交流館〈ふみの森もてぎ〉」の落成です。棟札によると弘化3年(1848年)という仕込み蔵の梁や柱を活用した“ギャラリーふくろう”に設けられた式典会場には、来賓および招待者、関係者など総勢120名が顔を揃え、玄関前で行われたテープカットまで、茂木町の新しい文化拠点のスタートをお祝いしました。

【古口達也町長による式辞】

宝探しinふみの森

 7月17日、ふみの森もてぎグランドオープンの翌日、図書館には朝からたくさんの子供たちの元気な姿でいっぱい。「宝探しinふみの森」と題されたイベントが開催されました。主催したのは「なでしこの会」で、ふみの森もてぎを支えるサポーター組織の「ふみの森の仲間たち“こだま”の会」に登録しているボランティア団体です。

 
 
栃木県指定記念物(天然記念物)平成2年1月26日指定
所 在 地 ■小井戸325番地 荒橿神社
推定樹齢  ●約800年
大 き さ ●樹高25.5m、目通り周囲6.2m、
      枝張り:東西25.0m、南北21.0m
 
ケヤキはニレ科の落葉樹で、本州各地に広く分布している。大木となり、昔から硬い良材の代表とされ、家や社寺の建築に用いられている。荒橿神社は旧県社で、主祭神は國常立尊・國狭槌命・豊斟渟尊。延喜式神社に列し、大同元年(806)の創建と伝わる。戦国時代には茂木城の鬼門除けとして厚く信仰され、江戸時代には茂木藩主細川興栄により本殿が再建された。神域にはケヤキ以外にも樹齢500年余の杉などの老樹が生い茂っている。
 
2019年 (令和元年)
10月23日(水)
Weather
火~金 9:00~19:00
土日祝 9:00~18:00