ふみの森もてぎ落成式

 平成28年7月15日、「ふみの森もてぎ落成式」が行われました。元禄16年(1703年)創業の酒造蔵元ほか、隣接する1900坪の土地に、町有林材をふんだんに活用した「まちなか文化交流館〈ふみの森もてぎ〉」の落成です。棟札によると弘化3年(1848年)という仕込み蔵の梁や柱を活用した“ギャラリー...

Read more
宝探しinふみの森

 7月17日、ふみの森もてぎグランドオープンの翌日、図書館には朝からたくさんの子供たちの元気な姿でいっぱい。「...

Read more

 
 
栃木県指定文化財(史跡)昭和45年2月13日指定
所在地 ■町田1712番地ほか
規 模 ●標高250m、東西90m、南北370m
築城者 ●千本十郎為隆
築城年 ●建久8年(1197)
 
自然の地形を利用して築いた、典型的な山城である。別名を教ヶ丘城、須藤城などともいう。千本氏の祖である那須太郎資隆の十男、十郎為隆の築城とされている。本丸は標高250mの山頂にある。麓から階段状に屋敷割りし、二の丸と三の丸との間には高さ2mほどの土塁がある。本丸入口の左方に空堀、やや入ったところに番所跡があり、空堀の石垣は往時のもので、付近には姫屋敷跡がある。堅固な土塁と堀を遺しているが、天正13年(1585)に謀殺の悲話を残し落城したという。
2019年 (令和元年)
6月19日(水)
Weather
火~金 9:00~19:00
土日祝 9:00~18:00