ふみの森もてぎ落成式

 平成28年7月15日、「ふみの森もてぎ落成式」が行われました。元禄16年(1703年)創業の酒造蔵元ほか、隣接する1900坪の土地に、町有林材をふんだんに活用した「まちなか文化交流館〈ふみの森もてぎ〉」の落成です。棟札によると弘化3年(1848年)という仕込み蔵の梁や柱を活用した“ギャラリーふくろう”に設けられた式典会場には、来賓および招待者、関係者など総勢120名が顔を揃え、玄関前で行われたテープカットまで、茂木町の新しい文化拠点のスタートをお祝いしました。

【古口達也町長による式辞】

宝探しinふみの森

 7月17日、ふみの森もてぎグランドオープンの翌日、図書館には朝からたくさんの子供たちの元気な姿でいっぱい。「宝探しinふみの森」と題されたイベントが開催されました。主催したのは「なでしこの会」で、ふみの森もてぎを支えるサポーター組織の「ふみの森の仲間たち“こだま”の会」に登録しているボランティア団体です。

 
栃木県指定有形文化財(彫刻)昭和36年5月6日指定
所在地 ■北高岡425番地 安楽寺
形 状 ●像高273㎝
形 態 ●寄木造、彫眼、二重白毫、内刳
年 代 ●応永13年(1406)
 
平安時代に流行した定朝様式。水平な髪際、小粒で整った螺髪、控えめな目鼻立ち、豊満な丸顔、張りのあるやや内輪した広い胸、浅く条線を刻んだ褶衣など、定朝流の特徴である。また、目尻がやや下方に鋭い角度をなして交わる両瞼などは鎌倉時代の様式である。台座の蓮弁は鎌倉時代の風をよく伝えている。左右の腕と手は別木で作り、膝は横木で前面の衣と褶は別木を用いている。万治3年(1660)時の住持航蓮社湛歴上人が京都の大仏師方誉拾圓を招いて大修理を行ったことが胎内の木札より判明している。昭和57年(1982)に、修復開眼法要が行われた。
 
2019年 (令和元年)
11月15日(金)
Weather
火~金 9:00~19:00
土日祝 9:00~18:00