ふみの森もてぎ落成式

 平成28年7月15日、「ふみの森もてぎ落成式」が行われました。元禄16年(1703年)創業の酒造蔵元ほか、隣接する1900坪の土地に、町有林材をふんだんに活用した「まちなか文化交流館〈ふみの森もてぎ〉」の落成です。棟札によると弘化3年(1848年)という仕込み蔵の梁や柱を活用した“ギャラリーふくろう”に設けられた式典会場には、来賓および招待者、関係者など総勢120名が顔を揃え、玄関前で行われたテープカットまで、茂木町の新しい文化拠点のスタートをお祝いしました。

【古口達也町長による式辞】

宝探しinふみの森

 7月17日、ふみの森もてぎグランドオープンの翌日、図書館には朝からたくさんの子供たちの元気な姿でいっぱい。「宝探しinふみの森」と題されたイベントが開催されました。主催したのは「なでしこの会」で、ふみの森もてぎを支えるサポーター組織の「ふみの森の仲間たち“こだま”の会」に登録しているボランティア団体です。

 ふみの森もてぎ図書館内、カウンターを過ぎたところにある書架をご存じですか。この書架、2階の廊下から見るとふみの森もてぎのロゴのかたちになっているんですよ。ここには、新刊図書や特集本、時の話題の本が並びます。特集棚には現在、茂木高校生が選んだおすすめの本、そして、時の話題特集コーナーには、SF作品が並んでいます。小松左京氏の没後10年を記念しての特集です。

 SFって聞いたとき、1970年代にNHKで放送していたドラマシリーズを思い出しました。「タイムトラベラー」や「なぞの転校生」。特に「なぞの転校生」は、夕方のドラマをわくわくして見ていました。現在のデジタル技術から見たら、本当に子供だましのような撮影技術ですが、私の中ではもう一度見たいドラマの一つです。そして、ドラマをきっかけにSF小説を読みだしたものでした。

 森人司書おすすめのSF本、手に取ってみてはいかがですか。 (森の番長)

2021年 (令和3年)
8月6日(金)
Weather
火~金 9:00~19:00
土日祝 9:00~17:00