ふみの森もてぎ落成式

 平成28年7月15日、「ふみの森もてぎ落成式」が行われました。元禄16年(1703年)創業の酒造蔵元ほか、隣接する1900坪の土地に、町有林材をふんだんに活用した「まちなか文化交流館〈ふみの森もてぎ〉」の落成です。棟札によると弘化3年(1848年)という仕込み蔵の梁や柱を活用した“ギャラリーふくろう”に設けられた式典会場には、来賓および招待者、関係者など総勢120名が顔を揃え、玄関前で行われたテープカットまで、茂木町の新しい文化拠点のスタートをお祝いしました。

【古口達也町長による式辞】

宝探しinふみの森

 7月17日、ふみの森もてぎグランドオープンの翌日、図書館には朝からたくさんの子供たちの元気な姿でいっぱい。「宝探しinふみの森」と題されたイベントが開催されました。主催したのは「なでしこの会」で、ふみの森もてぎを支えるサポーター組織の「ふみの森の仲間たち“こだま”の会」に登録しているボランティア団体です。

1月16日(土)

  • 寒の城山 漂う芳香 茂木 ロウバイ五分咲き(下野新聞、1面)
  • 圧倒的存在感の造形美 茂木 稲葉さん個展24日まで(下野新聞、24面)

1月15日(金)

  • 町民センターなど一般の利用を制限(下野新聞、21面)
  • 茂木町の魅力発信 ゆずも通信(真岡新聞、2面)
  • 感動を呼ぶ稲葉校長の彫刻展(真岡新聞、6面)

1月13日(水)

  • 「大寒たまご」販売(下野新聞、21面)

1月12日(火)

  • 茂木町商工会などが入居 商工産業会館移転へ 年度内旧教委事務所を改修(下野新聞、20面)

1月11日(月)

  • 茂木 縦町通り再整備着工へ 新年度に県、電線地中化 歩道広げ、歩きやすく(下野新聞、22面)

 

1月10日(日)

  • 読者登壇 柔道経験生かし農業の道へ努力 茂木町 (高校3年)(下野新聞、5面)
  • 茂木・美土里農園 イチゴ狩りの一枚募集 フォトコンテストを開催(下野新聞、24面)

 新年あけましておめでとうございます。今年もふみの森もてぎをどうぞよろしくお願いいたします。

 昨年は新型コロナウィルス感染症により、今までの生活がガラッと変わってしまった年でした。ふみの森もてぎでも入り口には消毒液、図書カウンターにはアクリル板を設置、換気のために窓を少し開放するなど、皆様にはご不便をおかけしていることと思います。  

 そのような中でも、本を借りにまた展示を見にたくさんの方が来館してくださりありがたいことです。森人たちも資料やカウンター等の消毒を日課とし、日々感染対策に努めています。

 今年はふみの森もてぎ5周年を迎えます。皆様に愛される施設を目指し、森人一同力を合わせて進んでまいりたいと思います。        (森の番長)

この展示は終了しました。

たくさんのご来場、ありがとうございました!

12月19から1月13日まで、ふみの森もてぎ ギャラリーこもれび にて「ツインリンクもてぎ ハローウッズ展」を開催しています。ハローウッズ自然体験活動は今年で20年目を迎えました。キャンプ活動の「今まで」と「これから」をテーマに展示しています。是非ご覧ください。

2021年 (令和3年)
1月18日(月)
Weather
火~金 9:00~19:00
土日祝 9:00~17:00