ふみの森もてぎ落成式

 平成28年7月15日、「ふみの森もてぎ落成式」が行われました。元禄16年(1703年)創業の酒造蔵元ほか、隣接する1900坪の土地に、町有林材をふんだんに活用した「まちなか文化交流館〈ふみの森もてぎ〉」の落成です。棟札によると弘化3年(1848年)という仕込み蔵の梁や柱を活用した“ギャラリーふくろう”に設けられた式典会場には、来賓および招待者、関係者など総勢120名が顔を揃え、玄関前で行われたテープカットまで、茂木町の新しい文化拠点のスタートをお祝いしました。

【古口達也町長による式辞】

宝探しinふみの森

 7月17日、ふみの森もてぎグランドオープンの翌日、図書館には朝からたくさんの子供たちの元気な姿でいっぱい。「宝探しinふみの森」と題されたイベントが開催されました。主催したのは「なでしこの会」で、ふみの森もてぎを支えるサポーター組織の「ふみの森の仲間たち“こだま”の会」に登録しているボランティア団体です。

9月11日(土)

  • 茂木町選管 ツイッターで啓発 若者の投票率向上狙う(下野新聞、24面)
  • けさの顔 京都から引っ越し1年(下野新聞、25面)

9月10日(金)

  • 茂木町の魅力発信 ゆずも通信(真岡新聞、3面)
  • 水源守る里山整備に向けCF 水の杜育む「暮らしと生業」創造プロジェクト(真岡新聞、4面)
  • 秋の作品展「無言の調和」ふみの森もてぎで工芸家9人出店(真岡新聞、5面)
  • 茂木町の里山ウォーク中止(真岡新聞、5面)
  • モノづくりの知恵と工夫で時代を拓く「人生万事塞翁が馬」を歩む 茂木町・昭和ふるさと村支配人 中村利美さん(72)(真岡新聞、6面)
  • 近代住宅の歴史を検証 10/9講座で「旧古田土雅堂邸」の魅力を学ぶ(真岡新聞、8面)

9月9日(木)

  • 造形が醸す音 感じて あすから茂木作家協会展 楽器モチーフ作、中心に(下野新聞、20面)
  • 補正予算など15議案を可決(下野新聞、21面) 

9月8日(水)

  • 公営塾来月本格稼働へ 茂木高で入試支援講師2人が着任(下野新聞、21面)
  • 5議案を可決 茂木町議会開会(下野新聞、21面)
  • 行ってみよう!イベント もてぎの秋の作品展「無言の調和」(アスポプラス、7面)

9月7日(火)

  • 県少年の主張芳賀地区大会 茂木中3年女子(下野新聞、25面)

9月6日(月)

  • しもつけ文芸 俳句 茂木男性1名、詩 茂木女性1名(下野新聞、17面)

になると、十五夜などもあり、皆さんもを見上げることがあるのではないでしょうか。今回は、月や星、宇宙などに関する本を集めてみました。本を読んで知識を得ることで、なんとなく見上げていた夜空がもっと楽しく見えてくるかもしれません。ぜひ、ご利用ください。

9月1日は防災の日です。過去には、1923年9月1日に関東大震災があり、また、例年台風の多い時期でもあることから、災害に備える意味で作られました。近年は、毎年のように各地で災害が起こっています。この機会に、災害への意識を高めるためにも、ぜひ読んでみてください。また、今回の特集を作成するにあたり、インターンシップの大学生(5名)にお手伝いいただきました!ありがとうございました。

9月4日(土)

  • 戦没者慰霊へ追悼式 コロナ禍、一般参列見送り(下野新聞、21面)

9月3日(金)

  • 週刊情報ワイド 「無言の調和」2021もてぎの秋の作品展 10~20日(下野新聞、17面)
  • 今週の展示館だより 古田土雅堂作品展:後期 ~10/17(下野新聞、17面)
  • 今年も華麗に咲き誇るダリア(真岡新聞、2面)
  • 総合防災訓練で9種の訓練(真岡新聞、2面)

9月2日(木)

  • 新聞配達中に高齢者を保護(下野新聞、20面)

9月1日(水)

  • 〈気になるとちぎ 話題の人に聞く 209〉茂木町商工観光課長 滝田隆さん(下野新聞、12面)
  • 茂木に待望のラーメン店 誘致第1号 鶏白湯の有名店「龍介」(朝日新聞、21面)

8月31日(火)

  • 移住・定住促進に期待 茂木町「仲の内団地」分譲へ 利便性高く、価格は抑えめ(下野新聞、27面)

8月30日(月)

  • しもつけ文芸 短歌茂木町女性1名・俳句茂木町男性1名・川柳茂木町女性1名 入選(下野新聞、15面)

8月29日(日)

  • 全小中校で抗原検査 茂木町方針 新学期は通常授業(下野新聞、23面)
2021年 (令和3年)
9月20日(月)
Weather
火~金 9:00~19:00
土日祝 9:00~17:00