ふみの森もてぎ落成式

 平成28年7月15日、「ふみの森もてぎ落成式」が行われました。元禄16年(1703年)創業の酒造蔵元ほか、隣接する1900坪の土地に、町有林材をふんだんに活用した「まちなか文化交流館〈ふみの森もてぎ〉」の落成です。棟札によると弘化3年(1848年)という仕込み蔵の梁や柱を活用した“ギャラリーふくろう”に設けられた式典会場には、来賓および招待者、関係者など総勢120名が顔を揃え、玄関前で行われたテープカットまで、茂木町の新しい文化拠点のスタートをお祝いしました。

【古口達也町長による式辞】

宝探しinふみの森

 7月17日、ふみの森もてぎグランドオープンの翌日、図書館には朝からたくさんの子供たちの元気な姿でいっぱい。「宝探しinふみの森」と題されたイベントが開催されました。主催したのは「なでしこの会」で、ふみの森もてぎを支えるサポーター組織の「ふみの森の仲間たち“こだま”の会」に登録しているボランティア団体です。

12月18日から3月6日まで、ふみの森もてぎ歴史資料展示室にて「茂木の文化財part3 美術工芸品と無形文化財、民俗文化財」を開催しています。茂木町内の指定文化財を紹介する展示シリーズの第3弾。美術工芸品や無形文化財・民俗文化財を紹介します。

 明けましておめでとうございます新しい年2022年がやってきました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。図書館では、今年の干支「」をテーマに新年特集コーナーをつくりました。「とら」を題材にした本や、お正月干支などを扱った本をそろえてあります。新年は1月4日からの開館です。ご来館をお待ちしております。

 

 

 

 あけましておめでとうございます。今年もふみの森もてぎをどうぞよろしくお願いいたします。

 さて、昨年に引き続き心配なことは新型コロナウィルス感染症の拡大です。変異したオミクロン株がじわじわと広がりつつあり、第6波に警戒が必要です。私たちの生活はといえばマスクは必需品となり、うがいや手指の消毒など日常の一部になってきました。

 このような状況の中、利用者様が安心してご利用できますよう、当館では感染対策を十分に行いながら開館してまいります。

 ふみの森もてぎにおいで下さる皆さまが、安心してそして楽しく利用してくださることが、なんといっても森人たちの喜びです。今年も、森人一同力を合わせて皆さまに愛されるふみの森もてぎにしていきたいと思います。よろしくお願いいたします。       (森の番長)

第166回(2021年度下半期)の芥川賞・直木賞の候補が、10作品発表されました。受賞作は今月19日に予定されている選考会で決定します。「ふみの森」では、候補者のこれまでの作品を集めてみました。選考会を前に、受賞者を予想しながら読んでみてはいかがでしょう。

2022年 (令和4年)
1月21日(金)
Weather
火~金 9:00~19:00
土日祝 9:00~17:00