ふみの森もてぎ落成式

 平成28年7月15日、「ふみの森もてぎ落成式」が行われました。元禄16年(1703年)創業の酒造蔵元ほか、隣接する1900坪の土地に、町有林材をふんだんに活用した「まちなか文化交流館〈ふみの森もてぎ〉」の落成です。棟札によると弘化3年(1848年)という仕込み蔵の梁や柱を活用した“ギャラリーふくろう”に設けられた式典会場には、来賓および招待者、関係者など総勢120名が顔を揃え、玄関前で行われたテープカットまで、茂木町の新しい文化拠点のスタートをお祝いしました。

【古口達也町長による式辞】

宝探しinふみの森

 7月17日、ふみの森もてぎグランドオープンの翌日、図書館には朝からたくさんの子供たちの元気な姿でいっぱい。「宝探しinふみの森」と題されたイベントが開催されました。主催したのは「なでしこの会」で、ふみの森もてぎを支えるサポーター組織の「ふみの森の仲間たち“こだま”の会」に登録しているボランティア団体です。

 先月、ふみの森を会場に新しいイベントが始まりました。町在住のフルート奏者佐藤眞人さんが仲間と一緒に開催したフルートコンサートです。コンサートの名前は「arugamama(あるがまま)」。会場の「ギャラリーふくろう」には佐藤さんの絵やお友達が撮った写真、切り絵などが飾られ、約70名の方が佐藤さんと女性2人のフルートアンサンブルを楽しみました。主催の佐藤さんは音楽だけでなく、参加者が持ち寄った絵画や書、写真などを音楽と一緒に楽しもうと、次回以降の開催の参加を呼びかけました。佐藤さんは「誰とくらべることもなく、自分の演奏や作品を披露してほしい」と話しています。それが「あるがまま」の楽しみ方。ギャラリーふくろうは造り酒屋の酒蔵を利用したギャラリーです。展示スペースとしての利用にあわせて、音楽の楽しみをプラスした新しい風を感じたコンサートでした。今後も継続していくとなので楽しみですね。ふみの森でも協力していきたいと思います。(森の長老)

12月2日(金)

  • 読者登壇 茂木町1名(下野新聞、5面)
  • 今週の展示館だより アートリンクとちぎ2022(~12/25)(下野新聞、16面)
  • 週刊情報ワイド 第55回茂木写真クラブ展(下野新聞、16面)
  • 金沢屋もてぎ店がOPEN(真岡新聞、6面)
  • 第4回「茂木ゆうゆう寄席」(真岡新聞、6面)
  • 茂木写真クラブの作品展 12/6~ふみの森もてぎ(真岡新聞、7面)
  • 交通事故防止へ現金給付 茂木地区交通安全協会が2小学校(真岡新聞、7面)

12月1日(木)

  • 格調高い師 迫力の弟子 2人の歴史画10点紹介 ふみの森もてぎで後期展(下野新聞、20面)

11月30日(水)

  • 読者登壇 町民1名投稿(下野新聞、5面)
  • 県央推しの逸品 タカギ商店「しょうゆラーメン」(下野新聞、22面)
  • 15議案を提出 茂木町議会開会(下野新聞、23面)
  • 行ってみよう!イベント①和紙と楮バッグのてしごと夫婦展 12/4まで ②茂木ゆうゆう寄席 12/4」こんこん亭」にて(下野新Aspo plus、7面)

11月29日(火)

  • 小学生20人がマス釣り挑戦 茂木で教室(下野新聞、25面)

11月28日(月)

  • 読者登壇 茂木町1名(下野新聞、5面)
  • しもつけ文芸 短歌、俳句 茂木町3名(下野新聞、21面)
  • 茂木・トランポリン教室 31人修了、成果を披露(下野新聞、23面)

この展示は終了しました。

たくさんのご来場、ありがとうございました!

11月25日から12月4日まで、ふみの森もてぎ ギャラリーこもれび にて「きらり押花展」を開催しています。里山自然の恵み素材に創作された色彩豊かな作品を約50点を展示しています。皆さん、ぜひ、ご覧ください。

この展示は終了しました。

たくさんのご来場、ありがとうございました!

11月24日から12月4日まで、ふみの森もてぎ ギャラリーふくろう にて「第3回 三田陽生 油絵展」を開催しています。風景静物などを描いた油絵作品約40点を展示しています。皆さん、ぜひ、ご覧ください。

2022年 (令和4年)
12月5日(月)
Weather
火~金 9:00~19:00
土日祝 9:00~18:00