ふみの森もてぎ落成式

 平成28年7月15日、「ふみの森もてぎ落成式」が行われました。元禄16年(1703年)創業の酒造蔵元ほか、隣接する1900坪の土地に、町有林材をふんだんに活用した「まちなか文化交流館〈ふみの森もてぎ〉」の落成です。棟札によると弘化3年(1848年)という仕込み蔵の梁や柱を活用した“ギャラリーふくろう”に設けられた式典会場には、来賓および招待者、関係者など総勢120名が顔を揃え、玄関前で行われたテープカットまで、茂木町の新しい文化拠点のスタートをお祝いしました。

【古口達也町長による式辞】

宝探しinふみの森

 7月17日、ふみの森もてぎグランドオープンの翌日、図書館には朝からたくさんの子供たちの元気な姿でいっぱい。「宝探しinふみの森」と題されたイベントが開催されました。主催したのは「なでしこの会」で、ふみの森もてぎを支えるサポーター組織の「ふみの森の仲間たち“こだま”の会」に登録しているボランティア団体です。

この展示は終了しました。

たくさんのご来場、ありがとうございました!

新型コロナウイルスの影響を受けている花きの消費拡大を図る「とちぎの花でスマイルアップ~とみどりでリフレッシュ~」の一環として、ふみの森のロビーに豪華絢爛なアレンジフラワーが飾られています。連日たくさんの人が訪れ、来館した方々を笑顔にしてくれます。展示は11月29日(日)までです。まだご覧になっていない方は、ぜひふみの森もてぎへお越しください。

このイベントは終了しました。

たくさんのご来場、ありがとうございました!

11月22日(日)午後1時30分からふみの森もてぎ ギャラリーふくろう にて第5回ふみの森もてぎ歴史フォーラム「縄文土器にみる那珂川流域の地域性を開催します。(公財)とちぎ未来づくり財団埋蔵文化財センターの塚本師也氏をお招きし、那珂川流域における縄文土器の地域差についてご講演いただきます。併せて、本町埋蔵文化財専門員の中村信博との対談も開催します。参加には予約が必要です。ふみの森カウンターまたはお電話で事前にお申し込みください。参加は無料です。

※こちらの参加予約の受付は終了しました。

(☎ 0285-64-1023) ※10月27日より受付開始

 

11月21日(土)

  • 道の駅隣接ホテル開業 茂木に県内2か所目(下野新聞、9面)
  • 「道の駅」隣のホテル 茂木も開業 マリオット系 宇都宮に続き(朝日新聞、25面)
  • 道の駅もてぎ 近隣にホテル マリオット(読売新聞、25面)

 

11月20日(金)

  • 金次郎像周辺を綺麗に 茂木報徳会会員が草刈りや剪定など(真岡新聞、2面)
  • 中学校の出逢いが人生の彩りに 師弟の絆で絵・書の作品展27年茂木町横山昭三さん、桧山克夫さん、田口忠夫さん、鶴見ひろ子さん(真岡新聞、6面)
  • 民話口演を町内で放映 茂木駅舎でふるさとの民話を楽しむ会(真岡新聞、6面)
  • もてぎ放牧黒毛和牛 ブランディングプロジェクト 茂木町 (真岡新聞、7面)
  • 芸人ユーチューバ― 小学球児にも完敗 茂木町で野球対決第2弾よみうりタイムズ、2面)
  • ふみの森で移動博物館企画展開催 11月27日(金)~12月23日(よみうりタイムズ、2面)

 

11月19日(木)

  • 樹上で脱渋、甘柿どうぞ 「長寿姫」出荷ピーク 茂木・河井の生産組合(下野新聞、24面)
  • 日光杉のエキス活用 全身用ミスト バームを発売 ホリス、茂木で製造(下野新聞、10面)

 

11月18日(水)

  • 秋色にロビー彩る アレンジフラワー展示 ふみの森もてぎ(下野新聞、22面)
  • 農業記録賞 中央入賞・優良賞 〈一般部門〉松原努さん=茂木町(毎日新聞、21面)
  • 丹精し''長寿,,の高級品に 河井上柿生産組合(ASPO、2面)

 

11月17日(火)

  • 新品種「とちあいか」出荷 茂木 いちご狩りも21日から(下野新聞、22面)

 

11月16日(月)

  • 「放牧牛」ブランド化へ 茂木 全国発信目指しCF(下野新聞、22面)
2021年 (令和3年)
1月18日(月)
Weather
火~金 9:00~19:00
土日祝 9:00~17:00