ふみの森もてぎ落成式

 平成28年7月15日、「ふみの森もてぎ落成式」が行われました。元禄16年(1703年)創業の酒造蔵元ほか、隣接する1900坪の土地に、町有林材をふんだんに活用した「まちなか文化交流館〈ふみの森もてぎ〉」の落成です。棟札によると弘化3年(1848年)という仕込み蔵の梁や柱を活用した“ギャラリーふくろう”に設けられた式典会場には、来賓および招待者、関係者など総勢120名が顔を揃え、玄関前で行われたテープカットまで、茂木町の新しい文化拠点のスタートをお祝いしました。

【古口達也町長による式辞】

宝探しinふみの森

 7月17日、ふみの森もてぎグランドオープンの翌日、図書館には朝からたくさんの子供たちの元気な姿でいっぱい。「宝探しinふみの森」と題されたイベントが開催されました。主催したのは「なでしこの会」で、ふみの森もてぎを支えるサポーター組織の「ふみの森の仲間たち“こだま”の会」に登録しているボランティア団体です。

 立春を迎え日差しも春めいてきたような気がします。ふみの森のエントランスにもお雛様が飾られ、来館の皆様の目を和ませています。

 コロナ対応に明け暮れた令和2年度も年度末に近づいてきました。皆様に安全安心に利用していただけるよう、サービスの制限や各種対策をとってまいりました。もう少しこのような状態が続くと思われますが、ご利用の皆様にもどうぞご理解とご協力をお願いいたします。

 さて、このような状況ではありますが、令和3年に入り「ギャラリーふくろう」では大きな展示が続きました。年明け早々には「稲葉守彫刻展~天女、雲上の調べ」、1月末からは「大関隆晴写真展―陽光のプレリュード白鳥」の展示です。2回目の緊急事態宣言下ではありましたが、ふみの森は休館の対象ではなかったため、感染予防対策を行った上予定通り開催し、たくさんの方にご来場いただきました。

 彫刻展は、二紀展での受賞も果たしている彫刻家稲葉守氏の作品展。雲上で音楽を奏でる天女をイメージとした「天女十二楽坊シリーズ」など約20点が展示されました。なんと稲葉氏は、地元茂木中学校の校長先生でもあるのです。現職の校長先生の作品展ということで、ちょっとした話題にもなりました。前日の準備では、2m以上の作品が会場で次々と組み立てられ、本当にふみの森に天女が舞い降りてきたようでした。酒蔵の古材を再利用したこのギャラリーにぴったりの展示でした。

 続いての展示は、茂木町在住大関氏の写真展。茨城県古徳沼や福島県猪苗代湖での白鳥の写真約50点が並びました。会社勤めや農業の傍ら何十年も撮りためてきたという白鳥の一瞬一瞬の羽ばたき、光、水辺の様子などが切り取られた写真を見ているとその中に引き込まれていくようでした。大関氏の白鳥愛も感じられた写真展になりました。

 コロナ禍の中、気持ちが滅入ったり、不安を感じたり、心配したりすることなど多く、何かしらのストレスを感じる日常です。そんな時、バーチャルではないリアルなものに触れることの大切さ、心を癒すものとの出会いが必要なのではないかと二つの展示を見て感じました。       (森の番長)

 

 

2月13日(土)

  • ドローンで配達 成功 茂木町 生活支援など実用に前進(下野新聞、25面)

2月12日(金)

  • 道の駅もてぎ 米粉ロールケーキ(チョコ)新発売 (真岡新聞、2面)
  • 『駄菓子屋すてっぷわん』(真岡新聞、2面)

2月11日(木)

  • イチゴ狩りなどモニターツアー 23日、参加募る(下野新聞、20面)

2月10日(水)

  • ドローンで食事運搬実験 生活支援 応用方法探る(下野新聞、21面)
  • 振替納税推進へキャンペーン 16日から茂木町(下野新聞、21面)

2月9日(火)

  • バレンタインに夜のいちご狩り 茂木の農園で1日限定4組(下野新聞、20面)

2月8日(月)

  • しもつけ文芸 俳句(茂木町2名)、詩(茂木町1名)(下野新聞、15面)
  • バレンタイン用に新登場 地元米粉入りチョコロール(下野新聞、22面)
2021年 (令和3年)
4月12日(月)
Weather
火~金 9:00~19:00
土日祝 9:00~17:00