ふみの森もてぎ落成式

 平成28年7月15日、「ふみの森もてぎ落成式」が行われました。元禄16年(1703年)創業の酒造蔵元ほか、隣接する1900坪の土地に、町有林材をふんだんに活用した「まちなか文化交流館〈ふみの森もてぎ〉」の落成です。棟札によると弘化3年(1848年)という仕込み蔵の梁や柱を活用した“ギャラリーふくろう”に設けられた式典会場には、来賓および招待者、関係者など総勢120名が顔を揃え、玄関前で行われたテープカットまで、茂木町の新しい文化拠点のスタートをお祝いしました。

【古口達也町長による式辞】

宝探しinふみの森

 7月17日、ふみの森もてぎグランドオープンの翌日、図書館には朝からたくさんの子供たちの元気な姿でいっぱい。「宝探しinふみの森」と題されたイベントが開催されました。主催したのは「なでしこの会」で、ふみの森もてぎを支えるサポーター組織の「ふみの森の仲間たち“こだま”の会」に登録しているボランティア団体です。

5月8日(土)

  • 文化財「茂木文書」を公開(下野新聞、25面)

5月7日(金)

  • 懐かしく脳が活性と大反響 ふみの森で9日迄「茂木の町並み絵巻展」(真岡新聞、2面)
  • 医療従事者に感謝を リレーフラッグ前でシトラスリボン配付(真岡新聞、4面)

5月3日(月)

  • しもつけ文芸 俳句 茂木町女性1名、川柳 茂木町男性1名(下野新聞、15面)

5月2日(日)

  • 「未成線の旅」本物志向で(朝日新聞、21面)

茂木高校生のボランティアの皆さんが選んだおすすめの本を集め、特集棚を作成していただきました。高校生の視点から選ばれた本はどのような内容か、気になりませんか?本の紹介をするポップもユニークなものばかり!ぜひ、ご覧ください。皆様のご来館をお待ちしております。

皆さんは「新書」をご存知ですか?新しい本という意味ではなく、105×173mmという大きさの本を指します。文庫本より少し縦長でスリムな本です。書かれている内容としては、政治・経済・文化・社会時評など様々あります。ふみの森では今回「新書」を集めて特集しています。ぜひ、ご覧ください。皆様のご来館をお待ちしています。

2021年 (令和3年)
6月17日(木)
Weather
火~金 9:00~19:00
土日祝 9:00~17:00