ふみの森もてぎ落成式

 平成28年7月15日、「ふみの森もてぎ落成式」が行われました。元禄16年(1703年)創業の酒造蔵元ほか、隣接する1900坪の土地に、町有林材をふんだんに活用した「まちなか文化交流館〈ふみの森もてぎ〉」の落成です。棟札によると弘化3年(1848年)という仕込み蔵の梁や柱を活用した“ギャラリーふくろう”に設けられた式典会場には、来賓および招待者、関係者など総勢120名が顔を揃え、玄関前で行われたテープカットまで、茂木町の新しい文化拠点のスタートをお祝いしました。

【古口達也町長による式辞】

宝探しinふみの森

 7月17日、ふみの森もてぎグランドオープンの翌日、図書館には朝からたくさんの子供たちの元気な姿でいっぱい。「宝探しinふみの森」と題されたイベントが開催されました。主催したのは「なでしこの会」で、ふみの森もてぎを支えるサポーター組織の「ふみの森の仲間たち“こだま”の会」に登録しているボランティア団体です。

寒い冬の一大イベント、クリスマスが近づいてきました!ふみの森では12月25日までの準備期間も、当日も楽しく過ごせるような、クリスマスにちなんだ小説や、準備に役立つおもてなしの本などをご用意いたしました。今年はいつもと一味違うクリスマスを過ごしてみませんか?

今年の大河ドラマもクライマックスが近づいて参りました。激動の時代を生きた人々の決着まであとわずか・・・しかし、まだ間に合います。ふみの森もてぎでは、近年の大河ドラマ歴史に関する本を集めました。読んで今年の復習をし、そのまま来年の予習まで済ませてしまいましょう!

11月12日(土)

  • 輝く果皮、漂う芳香 茂木でユズ収穫(下野新聞、1面)
  • 〈けさの顔〉長倉線でツアーガイド (下野新聞、19面)

11月11日(金)

  • 今週の展示館だより アートリンク栃木2022 ~12/25(下野新聞、16面)
  • 週刊情報ワイド 防火ポスター応募作品展 16~23日(下野新聞、16面)
  • 赤や黄、緑 もみじ園彩る(下野新聞、24面)
  • 案内板 第43回 茂木町文化祭ギャラリー展、第43回茂木町文化祭 盆栽展(よみうりタイムス、7面)
  • 近くて高い花火に歓声 道の駅もてぎ(真岡新聞、1面)
  • 栃木県立茂木高等学校創立100周年(真岡新聞、4・5面)

11月10日(木)

  • 道の駅もてぎ 人気イチゴをバウムに 町食材使用きょう発売(下野新聞、20面)
  • 昭和レトロ 茂木で満喫 未成線とSLがコラボ 町が商品化探りモニターツアー(下野新聞、21面)

11月7日(月)

  • 茂木・鎌倉山 雲海 冬の到来告げる(下野新聞、1面)
  • しもつけ文芸 俳句、詩 茂木町各1名(下野新聞、16面)

この講座は終了しました。

たくさんのご参加、ありがとうございました!

 現在、歴史資料展示室で開催している羽石光志生誕120年記念/アートリンクとちぎ2022「小堀鞆音と羽石光志 師弟、ふたりの歴史画」の関連講座です。

小堀鞆音と羽石光志の作品から、歴史画の特徴や歴史画が書かれた時代背景などについて詳しく解説します。今回の講座では、歴史資料展示室内で展示解説も実施します。

※参加する際には事前にお申し込みください。

【日 時】11月12日() 13:30~15:00(終了予定)

【場 所】ふみの森もてぎ あすなろ1

【定 員】先着30名

【参加費】無料

【申込先】ふみの森もてぎカウンター又はお電話で TEL:0285-64-1023

2022年 (令和4年)
12月5日(月)
Weather
火~金 9:00~19:00
土日祝 9:00~18:00