ふみの森もてぎ落成式

 平成28年7月15日、「ふみの森もてぎ落成式」が行われました。元禄16年(1703年)創業の酒造蔵元ほか、隣接する1900坪の土地に、町有林材をふんだんに活用した「まちなか文化交流館〈ふみの森もてぎ〉」の落成です。棟札によると弘化3年(1848年)という仕込み蔵の梁や柱を活用した“ギャラリーふくろう”に設けられた式典会場には、来賓および招待者、関係者など総勢120名が顔を揃え、玄関前で行われたテープカットまで、茂木町の新しい文化拠点のスタートをお祝いしました。

【古口達也町長による式辞】

宝探しinふみの森

 7月17日、ふみの森もてぎグランドオープンの翌日、図書館には朝からたくさんの子供たちの元気な姿でいっぱい。「宝探しinふみの森」と題されたイベントが開催されました。主催したのは「なでしこの会」で、ふみの森もてぎを支えるサポーター組織の「ふみの森の仲間たち“こだま”の会」に登録しているボランティア団体です。

みみずく通信とは、ふみの森もてぎで発行している図書館だよりです。

過去のみみずく通信は、下のリンクからご覧になれます。

みみずく通信バックナンバー(1~5)はこちら

みみずく通信バックナンバー(6~10)はこちら

みみずく通バックナンバーの(11~12)はこちら

※すでに終了したイベントもありますのでご注意ください。

ふみの森のロビー可愛らしいひな人形を展示しました。7段もある立派ひな人形は、私たちの日ごろの疲れを癒してくれるような気がします。ご来館の際はぜひ、足を止めてご覧になってください。皆様のご来館をお待ちしております。

ふみの森もてぎでは、読書を補助する道具を用意しています。図書館内での利用をご希望の方はカウンターの職員にお申し出ください。

使用後は必ずカウンターまでお戻しください。

 

・リーディングルーペ

断面が半円のルーペをページの上に置くだけで、文字を拡大して読むことができます。

底にカラーのラインがあるので1行ずつ集中して読むことができます。

・書見台

資料を机に対して一定の角度に保持できるようにした台です。

ご自身にあった角度で本を読むことができます。

ふみの森のロビーに東京オリンピックの聖火リレーで使用したトーチ期間限定で展示しています。聖火ランナーを務めた久保庭ご夫妻のご好意もあり、1964年東京オリンピックの際に使用したトーチもお借りして特別に飾ってあります。日本中に興奮と感動を与えてくれたオリンピックを、2つのトーチを見比べながら今一度思い出してみてください。皆様のご来館をお待ちしております。

 

2022年 (令和4年)
7月5日(火)
Weather
火~金 9:00~19:00
土日祝 9:00~18:00