ふみの森もてぎ落成式

 平成28年7月15日、「ふみの森もてぎ落成式」が行われました。元禄16年(1703年)創業の酒造蔵元ほか、隣接する1900坪の土地に、町有林材をふんだんに活用した「まちなか文化交流館〈ふみの森もてぎ〉」の落成です。棟札によると弘化3年(1848年)という仕込み蔵の梁や柱を活用した“ギャラリーふくろう”に設けられた式典会場には、来賓および招待者、関係者など総勢120名が顔を揃え、玄関前で行われたテープカットまで、茂木町の新しい文化拠点のスタートをお祝いしました。

【古口達也町長による式辞】

宝探しinふみの森

 7月17日、ふみの森もてぎグランドオープンの翌日、図書館には朝からたくさんの子供たちの元気な姿でいっぱい。「宝探しinふみの森」と題されたイベントが開催されました。主催したのは「なでしこの会」で、ふみの森もてぎを支えるサポーター組織の「ふみの森の仲間たち“こだま”の会」に登録しているボランティア団体です。

日々の茂木に関する情報を拾い集めて、町の歴史をちょっとずつ刻んでゆきます。

5月6日(金)

  • 週刊情報ワイド 第29回習作四人展 中学時代の恩師と教え子3人の油絵や書の展示 11日から(下野新聞、17面)
  • 今週の展示館だより テーマ展「茂木の旧街道」6月19日まで(下野新聞、17面)
  • 家庭教育支援活動の推進に多大な貢献 県東親育ちスマイルネット 文部科学大臣賞受賞(真岡新聞、1面)

5月5日(木・祝)

  • 「働くクルマ」雄姿披露 茂木MRMでコース疾走(下野新聞、20面)

5月4日(水・祝)

  • 行ってみよう!イベント 茂木の町並み絵巻展ー全長50メートルのイラストリート~横町通り編(Aspo、7面)

4月30日(土)

  • 町並み絵巻 音色の演出 会場でハーモニカ演奏(下野新聞、21面)
  • 迫力レース 展示で再現 開場25周年記念 魅力紹介 モビリティリゾートもてぎ(下野新聞、21面)
  • 茂木のデザイナー描く 長さ50メートル「横町通り」絵巻(毎日新聞、19面)

4月29日(金)

  • ふみの森もてぎでテーマ展 茂木の旧街道を紹介(真岡新聞、7面)
  • 真岡鐵道の職員が新入生にエール 3駅に高校生への応援メッセージボード設置(真岡新聞、2面)

4月28日(木)

  • 子ども服や靴を無料で交換する「とりかえっこ」来月開催(下野新聞、21面)

4月27日(水)

  • ツツジ5000本咲き競う 茂木の「花の山」で見頃(下野新聞、22面)
  • 幻の駅の「硬券」発行 参加者に無料提供 改札のはさみ入れ体験(下野新聞、23面)
  • 長倉線ヘッドマーク披露 SLもおか号 ツアーPR(毎日新聞、19面)

4月26日(火)

  • 丹精の250鉢 無償で サクラソウ譲ります(下野新聞、21面)

4月25日(月)

  • しもつけ文芸 茂木町 短歌1名、俳句1名(下野新聞、15面)
  • 幻の長倉線ヘッドマーク SLもおか装着し疾走 茂木駅でお披露目(下野新聞、22面)

4月24日(日)

  • マロニエメイツ手渡し ブルーベリー苗配布し緑化PR 道の駅で茂木町推進協(下野新聞、22面)

4月22日(金)

  • 今週の展示館だより 茂木の旧街道~6/19(下野新聞、17面)
  • とちぎ再発見 わがまちの像 羽石菴先生像(下野新聞、20面)
  • 昭和の面影 茂木の町並み 50メートル絵巻展 来月8日まで デザイナー鶴丸さん制作(下野新聞、20面)
  • サワ精機(株)が町へ100万円寄付(真岡新聞、2面)
  • 子ども食堂再スタート 4/28 秀建ビル1階こんこん亭で(真岡新聞、4面)
  • 第6回STEP-1落語開催(真岡新聞、5面)
  • ふみの森で「街並み絵巻展」鶴丸さんのイラスト 横町通り全長50mの大作(真岡新聞、7面)

4月19日(火)

  • 〈ひと〉茂木署長になった 保沢亨典さん(下野新聞、20面)

4月18日(月)

  • 〈しもつけ文芸〉短歌1名/俳句1名 選出(下野新聞、13面)
2022年 (令和4年)
7月5日(火)
Weather
火~金 9:00~19:00
土日祝 9:00~18:00