ふみの森もてぎ落成式

 平成28年7月15日、「ふみの森もてぎ落成式」が行われました。元禄16年(1703年)創業の酒造蔵元ほか、隣接する1900坪の土地に、町有林材をふんだんに活用した「まちなか文化交流館〈ふみの森もてぎ〉」の落成です。棟札によると弘化3年(1848年)という仕込み蔵の梁や柱を活用した“ギャラリーふくろう”に設けられた式典会場には、来賓および招待者、関係者など総勢120名が顔を揃え、玄関前で行われたテープカットまで、茂木町の新しい文化拠点のスタートをお祝いしました。

【古口達也町長による式辞】

宝探しinふみの森

 7月17日、ふみの森もてぎグランドオープンの翌日、図書館には朝からたくさんの子供たちの元気な姿でいっぱい。「宝探しinふみの森」と題されたイベントが開催されました。主催したのは「なでしこの会」で、ふみの森もてぎを支えるサポーター組織の「ふみの森の仲間たち“こだま”の会」に登録しているボランティア団体です。

日々の茂木に関する情報を拾い集めて、町の歴史をちょっとずつ刻んでゆきます。

2月27日(土)

  • 先進経営、活性化に評価 県農業大賞表彰式 < 大賞 農村活性化の部「さかがわ協議会」> (下野新聞、1面)
  • 指定文化財を間近に 茂木町内4か所、初公開 あすと来月21日(下野新聞、24面)
  • アロマ教室など参加者を募集 来月、茂木花まつり(下野新聞、25面)

 

2月26日(金)

  • 第17回茂木町シルバー人材センター会員作品展(下野新聞、21面)
  • ドローンで物資運搬実証実験(真岡新聞、1面)
  • 町・県・国指定の文化財公開(真岡新聞、2面)
  • 栃木SC特集 地元の力で栃木SCをJ1へ 森 俊貴選手紹介 コーチ小林 一幸の言葉(真岡新聞、4面)
  • 書や絵画などの作品展 シルバー人材センター(真岡新聞、6面)
  • miru-to 創刊号 もてぎの魅力を再発見!茂木町マイクロツーリズム(下野新聞、広告特集4面)

2月24日(水)

  • 完熟イチゴと歴史堪能(下野新聞、24面)

2月23日(火)

  • 上質な空間 迫力を体験 グループ観戦エリア新設(下野新聞、11面)

2月19日(金)

  • 適応指導教室4月開設 茂木町、旧中川小跡に変更(下野新聞、23面)
  • 歌壇(茂木、女性1名)、俳壇(茂木、男性1名)(朝日新聞、20面)

2月18日(木)

  • 茂木高校性向け「公営塾」 進学支援、7月めどに開設 魅力アップ、地域振興狙い(下野新聞、21面)

 

2月17日(水)

  • 66億9700万円、2年ぶり減 茂木町新年度予算案 雇用・定住と観光に重点(下野新聞、23面)
  • <麺の道>県央味めぐり㊴ げんき(茂木) オム焼きそば 卵でくるんだ優しい味 (下野新聞、22面)
  • 茂木高校生対象に「公営塾」 県内初 7月めどに開設(読売新聞、27面)

 

2月14日(日)

  • イチゴ狩り 楽しまナイト 家族連れなど舌鼓 真岡、茂木の観光農園(下野新聞、22面)

 

2月13日(土)

  • ドローンで配達 成功 茂木町 生活支援など実用に前進(下野新聞、25面)

2月12日(金)

  • 道の駅もてぎ 米粉ロールケーキ(チョコ)新発売 (真岡新聞、2面)
  • 『駄菓子屋すてっぷわん』(真岡新聞、2面)

2月11日(木)

  • イチゴ狩りなどモニターツアー 23日、参加募る(下野新聞、20面)

2月10日(水)

  • ドローンで食事運搬実験 生活支援 応用方法探る(下野新聞、21面)
  • 振替納税推進へキャンペーン 16日から茂木町(下野新聞、21面)

2月9日(火)

  • バレンタインに夜のいちご狩り 茂木の農園で1日限定4組(下野新聞、20面)

2月8日(月)

  • しもつけ文芸 俳句(茂木町2名)、詩(茂木町1名)(下野新聞、15面)
  • バレンタイン用に新登場 地元米粉入りチョコロール(下野新聞、22面)
2021年 (令和3年)
4月11日(日)
Weather
火~金 9:00~19:00
土日祝 9:00~17:00