ふみの森もてぎ落成式

 平成28年7月15日、「ふみの森もてぎ落成式」が行われました。元禄16年(1703年)創業の酒造蔵元ほか、隣接する1900坪の土地に、町有林材をふんだんに活用した「まちなか文化交流館〈ふみの森もてぎ〉」の落成です。棟札によると弘化3年(1848年)という仕込み蔵の梁や柱を活用した“ギャラリーふくろう”に設けられた式典会場には、来賓および招待者、関係者など総勢120名が顔を揃え、玄関前で行われたテープカットまで、茂木町の新しい文化拠点のスタートをお祝いしました。

【古口達也町長による式辞】

宝探しinふみの森

 7月17日、ふみの森もてぎグランドオープンの翌日、図書館には朝からたくさんの子供たちの元気な姿でいっぱい。「宝探しinふみの森」と題されたイベントが開催されました。主催したのは「なでしこの会」で、ふみの森もてぎを支えるサポーター組織の「ふみの森の仲間たち“こだま”の会」に登録しているボランティア団体です。

日々の茂木に関する情報を拾い集めて、町の歴史をちょっとずつ刻んでゆきます。

6月27日(土)

  • 大祓に備え 茅の輪万端 茂木・八雲神社で30日(下野新聞、21面)

 

6月26日(金)

  • 4期ぶり10億円割れ もてぎプラザ19年度決算 天候不順などで減収減益(下野新聞、20面)
  • 公務員自ら稼ぐ地域商社設立 全国でも稀な新たな取り組み(真岡新聞、1面)
  • 小玉さん(芳賀町)初の最優秀賞 ふるさともてぎ写真コンテスト(真岡新聞、6面)
  • すみれ会の作品展 ふみの森もてぎ (真岡新聞、7面)

 

 

6月25日(木)

  • 通年券きょうから発行 2千円、各種割引の特典も 茂木・樹の花自然園 花の山(下野新聞、21面)
  • 家族、命…思い深く 55歳で他界 俳人の句編集 日めくりカレンダーに 茂木・慶翁寺の都野住職(下野新聞、21面)

 

6月24日(水)

  • 旅の思い出 御朱印ならぬ「鉄印」を 真岡、わたらせ渓谷、野岩・・・ 三セク鉄道40社企画(下野新聞、9面)
  • 茂木産ブルーベリーでワイン 道の駅で販売(毎日新聞、16面)
  • TAKEOUT グルメ広場 まるごとブルーベリーアイス 茂木町 道の駅もてぎ(もんみや2020年7月号、47頁)

 

6月23日(火)

  • 真岡鉄道 コロナで休止中のSL 来月18日、運行再開へ(下野新聞、25面)

6月19日(金)

  • 週刊情報ワイド すみれ会作品展 ふみの森もてぎ(下野新聞、19面)
  • サクランボ狩り 夏の味覚を堪能 茂木(毎日新聞、16面)
  • 日報連のページ 「木立の中で」(茂木町ミツマタ群生地の写真作品)(毎日新聞、16面)

 

6月18日(木)

  • 町シルバー会員 剪定作業に汗 城山公園で64人(下野新聞、23面)
  • ふるさとの詩歌 作品を選び発刊 ふみの森もてぎ(毎日新聞、20面)

 

6月16日(火)

  • 夏の味覚 鈴なり サクランボ狩り始まる(下野新聞、24面)

 

6月14日(日)

  • シャワーキャップ 医療従事者へ寄贈 TRMが2千枚(下野新聞、26面)

 

6月13日(土)

  • 道の駅商品 ネット販売 連絡会が開店 もてぎも参加(下野新聞、10面)
  • ふるさと詠んだ詩歌集 万葉集から昭和歌謡まで ふみの森もてぎ 前館長編集、800部作製(下野新聞、25面)

 

6月12日(金)

  • 総文祭県代表紹介 美術工芸部門 小動物が表す夢と宇宙 茂木高校三年 仁平夏菜さん(下野新聞、19面)
  • 公務員が自ら稼いで町に貢献 茂木町職員有志「地域商社」設立(よみうりタイムス 栃木南部、4面)

 

6月11日(木)

  • ブルーベリーワイン 茂木産100%、上出来 道の駅で13日から発売(下野新聞、20面)
  • 「地域商社」資金ネット調達開始 茂木・目標50万円(毎日新聞、18面)

 

6月10日(水)

  • 支援の印 枕木に名前 真岡鉄道 寄付金、保守に活用 きょうからオーナー募集(下野新聞、21面)

 

6月7日(日)

  • ふみの森もてぎギャラリー 「紙の彫刻」展で再開(下野新聞、23面)
2020年 (令和2年)
8月7日(金)
Weather
火~金 9:00~19:00
土日祝 9:00~18:00