ふみの森もてぎ落成式

 平成28年7月15日、「ふみの森もてぎ落成式」が行われました。元禄16年(1703年)創業の酒造蔵元ほか、隣接する1900坪の土地に、町有林材をふんだんに活用した「まちなか文化交流館〈ふみの森もてぎ〉」の落成です。棟札によると弘化3年(1848年)という仕込み蔵の梁や柱を活用した“ギャラリーふくろう”に設けられた式典会場には、来賓および招待者、関係者など総勢120名が顔を揃え、玄関前で行われたテープカットまで、茂木町の新しい文化拠点のスタートをお祝いしました。

【古口達也町長による式辞】

宝探しinふみの森

 7月17日、ふみの森もてぎグランドオープンの翌日、図書館には朝からたくさんの子供たちの元気な姿でいっぱい。「宝探しinふみの森」と題されたイベントが開催されました。主催したのは「なでしこの会」で、ふみの森もてぎを支えるサポーター組織の「ふみの森の仲間たち“こだま”の会」に登録しているボランティア団体です。

日々の茂木に関する情報を拾い集めて、町の歴史をちょっとずつ刻んでゆきます。

8月5日(金)

  • 茂木と接点「鎌倉殿」 ふみの森で「文書」展示(下野新聞、21面)
  • 茂木と宇都宮でフルート演奏会 2022とちぎフルートオーケストラ実行委(真岡新聞、2面)
  • 普通救命講習会の受講者募集 9/11 真岡消防署茂木分署(真岡新聞、6面)
  • 須藤小でプロの水泳指導 パシフィックスポーツプラザ茂木店が出張水泳教室(真岡新聞、6面)
  • 8/4~17 益子の飯山太陽さんの個展 ふみの森で中学時代からの作品約100点(真岡新聞、7面)
  • 8人で茂木写真クラブ展 茂木駅ききょう館で(真岡新聞、7面)

8月4日(木)

  • 鉄道誘致の先人しのぶ 「長倉線」歴史など解説(下野新聞、24面)

8月3日(水)

  • 読者登壇 1名(下野新聞、6面)
  • 宿題お助けスポット 茂木町昆虫展 28日まで(下野新聞ASPO plus、3面)
  • 行ってみようイベント 飯山太陽展 4~17日(下野新聞ASPO plus、7面)

8月2日(火)

  • SLの迫力を体感 茂木駅で夏休みイベント(下野新聞、20面)

8月1日(月)

  • 規模縮小でも威勢よく 茂木 八雲神社で祇園祭(下野新聞、22面)

7月31日(日)

  • 福島国見町の桃販売会(24日) 美味求め行列 道の駅もてぎ (下野新聞、23面)

7月29日(金)

  • 週刊情報ワイド 「茂木町昆虫展 8/3~28」 「飯山太陽展 8/4~17」(下野新聞、20,21面)
  • 今週の展示館だより 「幻の長倉線~地域発展にかける夢  9/25まで」(下野新聞、20面) 
  • 古口町長 19日 6期目スタート 職員、町議、町民に迎えられ初登庁(真岡新聞、1面) 

7月28日(水)

  • 鉄道誘致に懸けた先人たちの夢 「幻の長倉線」テーマに 歴史たどる資料など展示(下野新聞、24面)

7月26日(火)

  • 読者登壇 1名(下野新聞、5面)

7月24日(日)

  • 地域の宝 守りたい一心 茂木「河井のささら」3年ぶり復活へ(下野新聞、29面)

7月22日(金)

  • 今週の展示館だより 幻の長倉線~地域発展にかける夢(~9/25)(下野新聞、18面)
  • 茂木高生向けに読み聞かせ講座 保育士志望者ら13人受講(下野新聞、23面)
  • ギャラリー ディンプルアート作品展(よみうりタイムス、7面)
  • 若者がブルーベリー農園の危機救う(真岡新聞、1面)

7月21日(木)

  • 真岡線8駅で一斉清掃 通学県立校生が感謝込め(下野新聞、24面)

7月20日(水)

  • 「らーめん右京」が復活 茂木 初日、開店前に行列(下野新聞、20面)
  • 古口町長が6期目初登庁 町職員に訓示(下野新聞、21面)
  • 行ってみようイベント ディンプルアート作品展 21~31日 茂木水害記録写真展 21~8月7日(下野新聞アスポプラス、4面)
  • レース軒並み中止…熱気球やグランピングで集客 変わるサーキット場 大手メーカー、車への関心高める試み(朝日新聞、6面)

7月18日(月)

  • ふるさとで6年ぶり個展 茂木出身木口木版画家見目陽一さん(産経新聞、18面)
2022年 (令和4年)
12月5日(月)
Weather
火~金 9:00~19:00
土日祝 9:00~18:00