ふみの森もてぎ落成式

 平成28年7月15日、「ふみの森もてぎ落成式」が行われました。元禄16年(1703年)創業の酒造蔵元ほか、隣接する1900坪の土地に、町有林材をふんだんに活用した「まちなか文化交流館〈ふみの森もてぎ〉」の落成です。棟札によると弘化3年(1848年)という仕込み蔵の梁や柱を活用した“ギャラリーふくろう”に設けられた式典会場には、来賓および招待者、関係者など総勢120名が顔を揃え、玄関前で行われたテープカットまで、茂木町の新しい文化拠点のスタートをお祝いしました。

【古口達也町長による式辞】

宝探しinふみの森

 7月17日、ふみの森もてぎグランドオープンの翌日、図書館には朝からたくさんの子供たちの元気な姿でいっぱい。「宝探しinふみの森」と題されたイベントが開催されました。主催したのは「なでしこの会」で、ふみの森もてぎを支えるサポーター組織の「ふみの森の仲間たち“こだま”の会」に登録しているボランティア団体です。

日々の茂木に関する情報を拾い集めて、町の歴史をちょっとずつ刻んでゆきます。

10月8日(金)

  • 〈論説〉茂木のラーメン店誘致 魅力磨き上げ地域再生を(下野新聞、7面)
  • 茂木町・城山公園彼岸花ウィーク 10日間で5700人来場 9割超町外、有料でも人気(下野新聞、21面)

10月7日(木)

  • 茂木の団体など優秀賞 マニフェスト対象候補に(下野新聞、6面)
  • 秋のレジャーガイド 茂木町「幻の長倉線 未成線の旅」2021年秋期ツアー参加者募集中(下野新聞企画特集、8面)

10月6日(水)

  • 棚田で稲刈り 児童が挑戦 茂木の中川小 はざがけも(下野新聞、23面)

10月5日(火)

  • 町中心部3カ所58人が奉仕作業(下野新聞、23面)

10月4日(月)

  • しもつけ文芸 俳句:茂木町男性1名、川柳:茂木町女性1名(下野新聞、13面)
  • 広告特集 いい里さかがわ館、そばの里まぎの(下野新聞広告特集、2,3面)

10月3日(土)

  • 100年前の理想的住まいは 旧古田土雅堂邸を解説(下野新聞、25面)
  • 茂木の棚田で大学生稲刈り(毎日新聞、20面)

10月2日(金)

  • 今週の展示館だより 古田土雅堂作品展 後期~10/17(下野新聞、19面)
  • ダリア500種 華麗に「もてぎの森」見頃(下野新聞、24面)
  • ホテルエピナール那須 もてぎ放牧黒毛和牛を使った料理を提供(読売タイムス1面)
  • 第42回文化祭の華道展(真岡新聞、3面)

9月26日(日)

  • 県外土砂の搬入禁止 県内初、改良土も認めず 茂木町条例改正(下野新聞、1面)
  • 読者登壇 茂木町男性1名(下野新聞、5面)
  • 棚田で稲刈り作業に汗 茂木で大学生プロジェクト(下野新聞、24面)
  • 会社員が丹精 ダリア園(読売新聞、25面)

9月25日(土)

  • 特選に芳賀の七井さん 茂木で県昴洋会展 会員ら51人86点を紹介(下野新聞、24面)

9月24日(金)

  • 一面深紅、ヒガンバナ もてぎの城山公園で満開(下野新聞、1面)
  • 県立対決 宇南に軍配 堅守茂木一歩及ばず(下野新聞、13面)
  • 第23回栃木県昂洋会展を開催 ふみの森もてぎのギャラリーで(真岡新聞、2面)
  • ギャラリー【茂木】公募第23回栃木県昂洋会展(よみうりタイムス、7面)
  • 50万本育まれた群生地 茂木・城山公園 ヒガンバナ満開(朝日新聞、19面)
  • 茂木には「ラーメン屋なし」SNSで拡散 悲痛な叫び実り名店誘致(産経新聞、20面)

9月23日(木)

  • 「もてぎ放牧黒毛和牛」料理提供(日本経済新聞、27面)

9月22日(水)

  • 秋季県高校野球 茂木・檜山 石橋を完封(下野新聞、16面)
  • 芳賀広域消防 防火ポスター 優秀賞(茂木2年)、優良賞(茂木3年)(下野新聞、22年)
  • 行ってみよう!イベント【茂木】公募 県昂洋会展(アスポプラス、7面)
  • 秋季高校野球県大会 作新12得点 快勝 茂木、宇都宮南など8強出そろう(毎日新聞、19面)

9月21日(火)

  • 陸上全国交流大会 小森(茂小)大差で日本一 男子5年100A決勝(下野新聞、7面)
  • あなたのまちの認知症カフェ 茂木町すまいるカフェ(下野新聞、9面)

9月20日(月・祝)

  • 小森(茂木)男子100V 全国小学生陸上5年(下野新聞、1面)
  • 長倉線ツアー秋も開催 紅葉時季、来月から12回(下野新聞、20面)
2022年 (令和4年)
1月20日(木)
Weather
火~金 9:00~19:00
土日祝 9:00~17:00