ふみの森もてぎ落成式

 平成28年7月15日、「ふみの森もてぎ落成式」が行われました。元禄16年(1703年)創業の酒造蔵元ほか、隣接する1900坪の土地に、町有林材をふんだんに活用した「まちなか文化交流館〈ふみの森もてぎ〉」の落成です。棟札によると弘化3年(1848年)という仕込み蔵の梁や柱を活用した“ギャラリーふくろう”に設けられた式典会場には、来賓および招待者、関係者など総勢120名が顔を揃え、玄関前で行われたテープカットまで、茂木町の新しい文化拠点のスタートをお祝いしました。

【古口達也町長による式辞】

宝探しinふみの森

 7月17日、ふみの森もてぎグランドオープンの翌日、図書館には朝からたくさんの子供たちの元気な姿でいっぱい。「宝探しinふみの森」と題されたイベントが開催されました。主催したのは「なでしこの会」で、ふみの森もてぎを支えるサポーター組織の「ふみの森の仲間たち“こだま”の会」に登録しているボランティア団体です。

11月26日(土)

  • 事故防止活用へ 小学校に寄付金 茂木地区交通安全協会(下野新聞、25面)

11月25日(金)

  • 河川愛護ポスターコンクール 茂木中2年 糸井かさ音さん入賞(下野新聞、5面)
  • 今週の展示館だより アートリンクとちぎ2022 12/25まで(下野新聞、20面)
  • 週刊情報ワイド 第4回茂木ゆうゆう寄席 12/4「こんこん亭」で  ふみの森もてぎ情報ー・きらり押花展 12/4まで  ・和紙と楮バッグのてしごと夫婦展 30日~12/4まで(下野新聞、20面)
  • 雨の中、3年ぶりに「森と里のつながるマルシェ」開催される(下野新聞、26面)
  • 案内板ー・第3回三田陽生油絵展 12/4まで  ・きらり押花展 12/4まで(栃木南部よみうりタイムス、7面)
  • 町民がミュージカル出演 美の里もてぎクラシックコンサートが3年ぶりに開催(真岡新聞、1面)
  • 災害時に葬祭用品供給 県葬祭組合と協定締結(真岡新聞、8面)
  • 三田絵画研究所(益子町)の創作が生きがい輝くシニア世代として、茂木町の柳岡裕さん紹介(真岡新聞、8面)

11月23日(水・祝)

  • 行ってみよう!イベント 【茂木】ふみの森もてぎ 三田陽生 油絵展 24日~    きらり押花展 25日~(Aspo、7面)

11月22日(火)

  • 純白シキザクラ 紅葉と美の競演 (下野新聞、24面)

11月21日(月)

  • しもつけ文芸 俳句、川柳 茂木町3名(下野新聞、16面)
  • ”オール茂木”でマルシェ 森と里 自慢のオーガニック 23日・八雲神社 3年ぶり開催(下野新聞、18面)

11月20日(日)

  • 《会いたい聞かせて》進学支援し居場所にも 茂木町公営塾講師(毎日新聞、24面)
2022年 (令和4年)
11月30日(水)
Weather
火~金 9:00~19:00
土日祝 9:00~18:00