ふみの森もてぎ落成式

 平成28年7月15日、「ふみの森もてぎ落成式」が行われました。元禄16年(1703年)創業の酒造蔵元ほか、隣接する1900坪の土地に、町有林材をふんだんに活用した「まちなか文化交流館〈ふみの森もてぎ〉」の落成です。棟札によると弘化3年(1848年)という仕込み蔵の梁や柱を活用した“ギャラリーふくろう”に設けられた式典会場には、来賓および招待者、関係者など総勢120名が顔を揃え、玄関前で行われたテープカットまで、茂木町の新しい文化拠点のスタートをお祝いしました。

【古口達也町長による式辞】

宝探しinふみの森

 7月17日、ふみの森もてぎグランドオープンの翌日、図書館には朝からたくさんの子供たちの元気な姿でいっぱい。「宝探しinふみの森」と題されたイベントが開催されました。主催したのは「なでしこの会」で、ふみの森もてぎを支えるサポーター組織の「ふみの森の仲間たち“こだま”の会」に登録しているボランティア団体です。

9月24日(土)

  • 茂木城「御城印」いかが ふみの森 周知と誘客へ作成、販売(下野新聞、20面)

9月23日(金・祝)

  • 今週の展示館だより 幻の長倉線~地域発展にかける夢(~9/25)(下野新聞、14面)
  • 週刊情報ワイド 美術 公募 第24回県昂洋会展(下野新聞、14面)
  • 組み木で描く温かな絵 茂木の大島さんが作品展(下野新聞、20面)
  • 国交省モデル選定「道の駅もてぎ」新たな拠点像を議論 関係者らが全体会議(下野新聞、21面)
  • 案内板 ギャラリー 公募 第24回栃木県昂洋会展(よみうりタイムス、7面)
  • 彼岸花の名所城山に遊歩道 55万本の花を3コースで楽しんで(真岡新聞、3面)
  • 木のスマホケース原画展 10/10まで茂木町「レリーフガーデン」で(真岡新聞、8面)

9月22日(木)

  • 城山の斜面を真っ赤に染め上げ ヒガンバナ見頃(下野新聞、1面) 

9月21日(水)

  • 茂木町 チームオレンジすまいる(下野新聞、15面)
  • 日大生が「和牛フェスタ」2日間とも完売の人気(下野新聞、21面)

9月20日(火)

  • 伝統の舞3年ぶり復活 茂木で「河井のささら」(下野新聞、20面)

9月19日(月・祝)

  • 道の駅もてぎ大改装に追い風 国のモデル事業に選定(下野新聞、21面)
  • しもつけ文芸 俳句1名・詩1名・川柳2名(下野新聞、15面)

9月18日(日)

  • ダリア見頃 茂木 (読売新聞、21面)
2022年 (令和4年)
9月26日(月)
Weather
火~金 9:00~19:00
土日祝 9:00~18:00