ふみの森もてぎ落成式

 平成28年7月15日、「ふみの森もてぎ落成式」が行われました。元禄16年(1703年)創業の酒造蔵元ほか、隣接する1900坪の土地に、町有林材をふんだんに活用した「まちなか文化交流館〈ふみの森もてぎ〉」の落成です。棟札によると弘化3年(1848年)という仕込み蔵の梁や柱を活用した“ギャラリーふくろう”に設けられた式典会場には、来賓および招待者、関係者など総勢120名が顔を揃え、玄関前で行われたテープカットまで、茂木町の新しい文化拠点のスタートをお祝いしました。

【古口達也町長による式辞】

宝探しinふみの森

 7月17日、ふみの森もてぎグランドオープンの翌日、図書館には朝からたくさんの子供たちの元気な姿でいっぱい。「宝探しinふみの森」と題されたイベントが開催されました。主催したのは「なでしこの会」で、ふみの森もてぎを支えるサポーター組織の「ふみの森の仲間たち“こだま”の会」に登録しているボランティア団体です。

10月30日(土)

  • 「ふーミン」です よろしく ふみの森もてぎ収蔵 土偶のキャラ愛称決定(下野新聞、25面)

10月29日(金)

  • 今週の展示館だより ふみの森もてぎ 島崎雲圃と小泉斐(10/30~12/5)(下野新聞、19面)
  • しもつけの史跡 茂木城跡(茂木・町指定) 市街に隣接 町のシンボル(下野新聞、22面)
  • 「わがまち」20キロに挑戦 芳賀地区5市町、同時開催 来月、親子ウォークラリー(下野新聞、23面)
  • 「体験の機会の場」に 県認定TRM・ハローウッズ(毎日新聞、21面)
  • 11/6茂木小コーラス部が全国出場(真岡新聞、1面)
  • シルバー人材会員が奉仕作業(真岡新聞、2面)
  • 標高130mの温暖な地で2年目の収穫 青パパイヤ栽培できずな深める(真岡新聞、6面)
  • 10/30~11/14もてぎ里山アートフェスタ(真岡新聞、6面)
  • 10/29~11/3小中学生の作品展 ふみの森「ふくろう」で(真岡新聞、7面)

10月28日(木)

  • 県下小・中学生書道・交通安全ポスターコンクール 日本農業新聞会長賞 茂木中2年女子(下野新聞、8面・日本農業新聞、6面)
  • スマホでスタンプラリー「うまいものまつり」代替 茂木町商工会11月1ヵ月間アナログ版も(下野新聞、23面)

10月27日(水)

  • 高齢女性保護男性に感謝状 茂木署(下野新聞、23面)

10月26日(火)

  • 〈長期政権9年私は思う〉議論に疲れ異論を遮る社会 片岡一竹さん(26)早稲田大学院生〔茂木町出身〕(朝日新聞、27面)
2022年 (令和4年)
5月20日(金)
Weather
火~金 9:00~19:00
土日祝 9:00~17:00