ふみの森もてぎ落成式

 平成28年7月15日、「ふみの森もてぎ落成式」が行われました。元禄16年(1703年)創業の酒造蔵元ほか、隣接する1900坪の土地に、町有林材をふんだんに活用した「まちなか文化交流館〈ふみの森もてぎ〉」の落成です。棟札によると弘化3年(1848年)という仕込み蔵の梁や柱を活用した“ギャラリーふくろう”に設けられた式典会場には、来賓および招待者、関係者など総勢120名が顔を揃え、玄関前で行われたテープカットまで、茂木町の新しい文化拠点のスタートをお祝いしました。

【古口達也町長による式辞】

宝探しinふみの森

 7月17日、ふみの森もてぎグランドオープンの翌日、図書館には朝からたくさんの子供たちの元気な姿でいっぱい。「宝探しinふみの森」と題されたイベントが開催されました。主催したのは「なでしこの会」で、ふみの森もてぎを支えるサポーター組織の「ふみの森の仲間たち“こだま”の会」に登録しているボランティア団体です。

7月24(土)

  • けさの顔 那珂川の恵みを形に(下野新聞、22面)

7月23日(金)

  • 茂木の八雲神社 2年ぶり、みこし飾り付け(下野新聞、21面)
  • 第39回わんぱく相撲うつのみや場所で優勝 直江重鳳さん(茂木小5年)相撲で全国へ(真岡新聞、1面)
  • 聖火ランナー宅に咲く「聖火」の花 久保庭孝夫・美代子さん宅のダリア赤々と 真岡市の水沼尚輝選手にもエール(真岡新聞、1面)
  • 茂木町 第1回Raimuのマルシェ「みんなで楽しい未来を‼」と9店出店(真岡新聞、7面)
  • 茂木駅で民話を楽しむ会口演 茂木TVで放映(真岡新聞、7面)
  • 旧古田土雅堂邸町内移築20周年 ふみの森もてぎ開館5周年記念 企画展 アメリカに渡った邦人画家 古田土雅堂作品展(読売タイムス、5面)

7月22日(木)

  • 舞台背景画など70点展示 鹿沼在住大橋さん(下野新聞、24面)
  • 福島の桃 人気集める 交流続く国見町産販売(下野新聞、25面)

7月20日(火)

  • 令和3年 栃木県優良建設事業知事表彰 茂木町 河原土建(下野新聞、9面)
  • 佐川急便芳賀を安全運転で表彰(下野新聞、25面)
  • 絵を見れば旅行気分 鹿沼の画家・大橋さん 茂木で作品展(読売新聞、28面)

7月19日(月)

  • しもつけ文芸 俳句 茂木町男性1名(下野新聞、15面)
  • オンラインで雅堂講座 茂木 米での足跡、作品を紹介(下野新聞、23面)
2021年 (令和3年)
9月28日(火)
Weather
火~金 9:00~19:00
土日祝 9:00~17:00