ふみの森もてぎ落成式

 平成28年7月15日、「ふみの森もてぎ落成式」が行われました。元禄16年(1703年)創業の酒造蔵元ほか、隣接する1900坪の土地に、町有林材をふんだんに活用した「まちなか文化交流館〈ふみの森もてぎ〉」の落成です。棟札によると弘化3年(1848年)という仕込み蔵の梁や柱を活用した“ギャラリーふくろう”に設けられた式典会場には、来賓および招待者、関係者など総勢120名が顔を揃え、玄関前で行われたテープカットまで、茂木町の新しい文化拠点のスタートをお祝いしました。

【古口達也町長による式辞】

宝探しinふみの森

 7月17日、ふみの森もてぎグランドオープンの翌日、図書館には朝からたくさんの子供たちの元気な姿でいっぱい。「宝探しinふみの森」と題されたイベントが開催されました。主催したのは「なでしこの会」で、ふみの森もてぎを支えるサポーター組織の「ふみの森の仲間たち“こだま”の会」に登録しているボランティア団体です。

6月12日(土)

  • 介護保険料平均5,656円 県内市町、20年で倍増 ※茂木町は25市町のうち24位(下野新聞、1面)
  • コンビニ従業員未然に詐欺防ぐ 茂木署が感謝状(下野新聞、24面)

6月11日(金)

  • 読者登壇 作者の心伝わる創作人形展堪能(下野新聞、5面)
  • 道の駅もてぎ20年度決算 コロナ直撃、16%減収 内部留保崩し黒字確保(下野新聞、21面)
  • 茂木高柔道部が関東大会へ(真岡新聞、4面)
  • 上小貫が優勝、準優勝は小井戸 茂木町春季ゲートボール大会(真岡新聞、5面)
  • 茂木高の音楽部定期演奏会(真岡新聞、6面)
  • 地域の店の活用と魅力再発見(真岡新聞、7面)

6月10日(木)

  • 古田土雅堂の画業に光(下野新聞、24面)

6月9日(水)

  • 表情に郷愁と癒やし 作家・鈴木さん茂木で人形展(下野新聞、20面)
  • お出掛け情報 竹のプランターで大豆の自然栽培&ホタルかご作りとホタル観賞会、町まちなか文化交流館「ふみの森もてぎ」①創作人形展、②すみれ会作品展(Aspo、5面)

6月8日(火)

  • 毎日楽しく通学を バス待合所に花壇(下野新聞、22面)
  • 栃木県、茂木町で自動運転バス実験(日本経済新聞、31面)
  • 夏そばの花 小雪散らす(朝日新聞、19面)

6月7日(月)

  • 茂木の公道で県 町民乗車実現へ一歩 自動運転バス実験開始(下野新聞、3面)
  • しもつけ文芸入選 俳句茂木町男性1名、川柳茂木町男性2名、絵画茂木町男性1名(下野新聞、15面)
  • 自動運転バス他県に追いつけ 茂木町で実証実験開始(朝日新聞、17面)
  • 自動運転バス茂木で実験 公共交通網維持へ(読売新聞、25面)
  • 虫捕り楽しいな 親子でイベント(読売新聞、25面)
2021年 (令和3年)
8月3日(火)
Weather
火~金 9:00~19:00
土日祝 9:00~17:00