ふみの森もてぎ落成式

 平成28年7月15日、「ふみの森もてぎ落成式」が行われました。元禄16年(1703年)創業の酒造蔵元ほか、隣接する1900坪の土地に、町有林材をふんだんに活用した「まちなか文化交流館〈ふみの森もてぎ〉」の落成です。棟札によると弘化3年(1848年)という仕込み蔵の梁や柱を活用した“ギャラリーふくろう”に設けられた式典会場には、来賓および招待者、関係者など総勢120名が顔を揃え、玄関前で行われたテープカットまで、茂木町の新しい文化拠点のスタートをお祝いしました。

【古口達也町長による式辞】

宝探しinふみの森

 7月17日、ふみの森もてぎグランドオープンの翌日、図書館には朝からたくさんの子供たちの元気な姿でいっぱい。「宝探しinふみの森」と題されたイベントが開催されました。主催したのは「なでしこの会」で、ふみの森もてぎを支えるサポーター組織の「ふみの森の仲間たち“こだま”の会」に登録しているボランティア団体です。

4月9日(金)

  • 茂木町と栃木SC地域支援協定更新 サッカー教室開開校など(下野新聞、21面)
  • 昭和の町並みと賑わいイラストで蘇る 茂木の町並み絵巻展 北高岡の鶴丸光世さん ふみの森で(真岡新聞、1面)
  • 示現会展に14人が初入選 益子町の三田絵画研究所 茂木町の柳岡裕さん、田村房子さん入選(真岡新聞、2面)

 

4月8日(木)

  • 幻の鉄路探訪楽しく 茂木の「長倉線」17日のツアー控え 町、距離標や勾配標を再現(下野新聞、21面)
  • 入場者今季1万人 大貫さんに記念品 ミツマタ群生地(下野新聞、21面)

 

4月6日(火)

  • 茂木の街並み絵巻で再現(下野新聞、22面)
  • 幻の鉄路 よみがえる「未成線」を散策路に(読売新聞、25面)

4月5日(月)

  • しもつけ文芸 俳句・川柳・詩(茂木町各1名)(下野新聞、17面)

4月4日(日)

  • 桜の回廊でおもてなし 茂木町11日までライトアップ(下野新聞、22面)
  • 真岡鉄道地元国体、SLも応援 PRヘッドマーク掲出(下野新聞、23面)
  • 町の特産物 発掘し届ける 「地域商社」を立ち上げた茂木町職員 東海林帆さん(朝日新聞、25面)
  • 地域の足目指す自動運転バス 北関東3県でも進む実証実験 6月から茂木で(朝日新聞、25面)

 

2021年 (令和3年)
6月17日(木)
Weather
火~金 9:00~19:00
土日祝 9:00~17:00