ふみの森もてぎ落成式

 平成28年7月15日、「ふみの森もてぎ落成式」が行われました。元禄16年(1703年)創業の酒造蔵元ほか、隣接する1900坪の土地に、町有林材をふんだんに活用した「まちなか文化交流館〈ふみの森もてぎ〉」の落成です。棟札によると弘化3年(1848年)という仕込み蔵の梁や柱を活用した“ギャラリーふくろう”に設けられた式典会場には、来賓および招待者、関係者など総勢120名が顔を揃え、玄関前で行われたテープカットまで、茂木町の新しい文化拠点のスタートをお祝いしました。

【古口達也町長による式辞】

宝探しinふみの森

 7月17日、ふみの森もてぎグランドオープンの翌日、図書館には朝からたくさんの子供たちの元気な姿でいっぱい。「宝探しinふみの森」と題されたイベントが開催されました。主催したのは「なでしこの会」で、ふみの森もてぎを支えるサポーター組織の「ふみの森の仲間たち“こだま”の会」に登録しているボランティア団体です。

4月3日(土)

  • 読者登壇 茂木町男性70代(下野新聞、4面)
  • 山肌彩る春の花(下野新聞、24面)
  • 「もてぎの大水害」マンガの原画展 7月30日から(下野新聞、19面)

4月2日(金)

  • 週刊情報ワイド 広木みどり教室パッチワーク作品展(下野新聞、21面)
  • 1年越し 音色響く さくらで演奏会(下野新聞、24面)
  • 税金の口座振替ネット申し込み(下野新聞、25面)
  • 歌壇 茂木女性1名(朝日新聞、20面)
  • 歩いて楽しむ茂木(毎日新聞、20面)
  • 「マンガもてぎ大水害」増版 水害から35年の今夏ふみの森もてぎで原画展(真岡新聞、1面)
  • 初代王者に茂木JBC(真岡新聞、3面)
  • 新入学児にランドセルカバー(真岡新聞、4面)
  • 人事異動(真岡新聞、5面)
  • ステッカーで見守り意識を(真岡新聞、5面)
  • 住民の目と耳と心で住民のために 茂木警察署長(真岡新聞、5面)
  • 共同開発「つけ汁うどん」(真岡新聞、6面)
  • 案内板 ふるさと茂木春まつり(よみうりタイムス、7面)
  • ギャラリー 「ふるさと茂木写真コンテスト作品展」「切り絵と創作オブジェの展示会」(よみうりタイムス、7面)

4月1日(木)

  • けさの顔 幻のヘッドマークに(下野新聞、25面)

3月31日(水)

  • 学んだ成果が置き土産 校内樹木の名札取り付け 茂木逆川小6年生、卒業前に(下野新聞、24面)
  • 〈農を拓く〉農村活性化の部・大賞 さかがわ協議会(茂木、谷中和一会長) 地域主体施設が人気に 特産品開発、交流促進も(下野新聞、11面)
  • しもつけ写真大賞入賞・入賞者  ▽入選(茂木)百瀬吉明さん、涌井明男さん(下野新聞、7面)
  • 〈校舎”卒業”今は・・・〉 茂木町・旧木幡小 ノスタルジー味わう 昭和ふるさと村(アスポ、1面)
  • 切り絵と創作オブジェの展示会 4月2日~8日(アスポ、7面)

 

3月30日(火)

  • 「桜の回廊」新たな名所に 来月上旬にライトアップ(下野新聞、27面)

 

3月29日(月)

  • 聖火雨天疾走 〔野沢綺花さんの横を汽笛を鳴らしながら走るSL〕写真掲載(読売新聞、23面)
  • 時をかけ夫婦で聖火 夫が64年大会の走者 栃木の女性「奇跡」(読売新聞、32面)
  • 聖火心つなぎ駆ける 〔通過するSLに向かってカメラを構える市民〕写真掲載(朝日新聞、27面)
  • 聖火へ応援 SLからも(朝日新聞、36面)
  • 舟ありSLあり聖火は巡るよどこまでも 栃木県1日目(日刊スポーツ、27面)
  • 希望の炎つないで 並走のSL汽笛で応援(毎日新聞、26面)
  • 夫婦で走る夢現実に 茂木 久保庭美代子さん、隆夫さん(下野新聞、3面) その他1面、9面に写真掲載
  • 〈読者登壇〉楽しい漱石考察 半藤さんを悼む 茂木町 入野充子さん(下野新聞、5面)
  • 聖火リレー2県目栃木へ SLと共演、舟で運ぶ場面も(日本経済新聞、47面)
  • 聖火とSL並走 栃木スタート (産経新聞、20面)

 

3月28日(日)

  • ミツマタ*茂木(読売新聞、33面)

 

2021年 (令和3年)
4月15日(木)
Weather
火~金 9:00~19:00
土日祝 9:00~17:00