ふみの森もてぎ落成式

 平成28年7月15日、「ふみの森もてぎ落成式」が行われました。元禄16年(1703年)創業の酒造蔵元ほか、隣接する1900坪の土地に、町有林材をふんだんに活用した「まちなか文化交流館〈ふみの森もてぎ〉」の落成です。棟札によると弘化3年(1848年)という仕込み蔵の梁や柱を活用した“ギャラリーふくろう”に設けられた式典会場には、来賓および招待者、関係者など総勢120名が顔を揃え、玄関前で行われたテープカットまで、茂木町の新しい文化拠点のスタートをお祝いしました。

【古口達也町長による式辞】

宝探しinふみの森

 7月17日、ふみの森もてぎグランドオープンの翌日、図書館には朝からたくさんの子供たちの元気な姿でいっぱい。「宝探しinふみの森」と題されたイベントが開催されました。主催したのは「なでしこの会」で、ふみの森もてぎを支えるサポーター組織の「ふみの森の仲間たち“こだま”の会」に登録しているボランティア団体です。

3月13日(土)

  • 茂木・焼森山山麓 「森の妖精」三分咲き ミツマタ群生地で開山祭(下野新聞、24面)

 

3月12日(金)

  • 副町長に小崎氏 教育長は関氏 茂木町議会閉会(下野新聞、21面)
  • 茂木町の魅力発信 ゆずも通信(真岡新聞、3面)
  • 活動の場にと新規大会発足 茂木町野球連盟が学童野球の交流の場にと(真岡新聞、8面)
  • 美術部員69人の作品展 ふみの森もてぎで茂木中美術部員が出品(真岡新聞、8面)
  • 真岡鐡道 3月13日からSL再開 人数制限、予約制(真岡新聞、8面)

 

3月11日(木)

  • バウム工房5周年 あすから特別販売 道の駅、3日間限定(下野新聞、25面)  

 

3月10日(水)

  • 茂木町 新たな観光資源発掘 完熟イチゴに舌鼓(毎日新聞、18面)
  • 町内の文化財を展示(毎日新聞、18面)
  • 茂木町でミツマタの花が見頃(アスポ、4面)

3月8日(月)

  • リサイクル精神根付く茂木 取り組み18年 バイオマス先進地の現場歩く 落ち葉堆肥の原料に 住民が収集に参加(朝日新聞、21面)

 

3月7日(日)

  • 県小中学校書初中央展 大賞、準大賞決まる <大賞 わたなべまさきさん(茂木町須藤小1年)>(下野新聞、20面)
  • 集まれ!自転車大好き人間 道の駅もてぎで20日にイベント 芸人コンビ「ウドントミカン」企画 自慢大会やお笑い、ゲーム(下野新聞、25面)
2021年 (令和3年)
4月15日(木)
Weather
火~金 9:00~19:00
土日祝 9:00~17:00