ふみの森もてぎ落成式

 平成28年7月15日、「ふみの森もてぎ落成式」が行われました。元禄16年(1703年)創業の酒造蔵元ほか、隣接する1900坪の土地に、町有林材をふんだんに活用した「まちなか文化交流館〈ふみの森もてぎ〉」の落成です。棟札によると弘化3年(1848年)という仕込み蔵の梁や柱を活用した“ギャラリーふくろう”に設けられた式典会場には、来賓および招待者、関係者など総勢120名が顔を揃え、玄関前で行われたテープカットまで、茂木町の新しい文化拠点のスタートをお祝いしました。

【古口達也町長による式辞】

宝探しinふみの森

 7月17日、ふみの森もてぎグランドオープンの翌日、図書館には朝からたくさんの子供たちの元気な姿でいっぱい。「宝探しinふみの森」と題されたイベントが開催されました。主催したのは「なでしこの会」で、ふみの森もてぎを支えるサポーター組織の「ふみの森の仲間たち“こだま”の会」に登録しているボランティア団体です。

2月6日(土)

  • 茂木の放牧和牛視察し魅力確認(下野新聞、25面)
  • 茂木の四季や名所の写真募集(下野新聞、25面)
  • 「茂木文書」を県指定文化財に(朝日新聞、27面)

2月5日(金)

  • 読者登壇 違い理解し合う老後の夫婦生活 茂木町 主婦(下野新聞、5面)
  • 茂木を歩いて楽しむ60分 町、モデル10コース発信(下野新聞、20面)
  • 令和2年度 ふるさと茂木写真コンテスト(よみうりタイムス、2面)
  • 茂木の妖精「ミツマタ」が切手に 茂木郵便局が切手フレームを町などに寄贈(真岡新聞、2面)
  • 口座振替キャンペーン 申込者に入場券やバッグプレゼント(真岡新聞、10面)
  • CF成立で放牧和牛ブランド化 町職員の地域商社「SUM」が販路開拓(真岡新聞、11面)

2月4日(木)

  • ミツマタ群生地採用切手 郵便局、町などに寄贈(下野新聞、20面)
  • 茂木の入郷棚田 オーナーを募集(毎日新聞、18面)
  • 米 特売で巣ごもり支援 栃木・JAはが野 茂木精米センター(日本農業新聞、13面)

2月3日(水)

  • とちぎ国体を待つ⑰【茂木】 トランポリン普及促進 町民体育館 省エネ化も(下野新聞、14面)
  • 茨城・城里で鳥インフルかくにん本県養鶏農家も危機感 県。対策の徹底呼びかけ(下野新聞、11面) 
  • 【2021.2.14 バレンタイン特集】 美土里農園(アスポ、4面)
  • 鳥インフル検出 84万羽殺処分へ 茨城の養鶏場(下野新聞、19面)

 

2月2日(火)

  • 【けさの顔】休日返上で営業に奔走「ソウシャルアップもてぎ」メンバー東海林 帆(下野新聞、22面)

 

1月31日(日)

  • 茂木の放牧和牛 ブランド化始動 町職員の地域商社 CF、目標額クリア 肉質最高級、販路開拓へ(下野新聞、21面)

 

2021年 (令和3年)
6月17日(木)
Weather
火~金 9:00~19:00
土日祝 9:00~17:00