ふみの森もてぎ落成式

 平成28年7月15日、「ふみの森もてぎ落成式」が行われました。元禄16年(1703年)創業の酒造蔵元ほか、隣接する1900坪の土地に、町有林材をふんだんに活用した「まちなか文化交流館〈ふみの森もてぎ〉」の落成です。棟札によると弘化3年(1848年)という仕込み蔵の梁や柱を活用した“ギャラリーふくろう”に設けられた式典会場には、来賓および招待者、関係者など総勢120名が顔を揃え、玄関前で行われたテープカットまで、茂木町の新しい文化拠点のスタートをお祝いしました。

【古口達也町長による式辞】

宝探しinふみの森

 7月17日、ふみの森もてぎグランドオープンの翌日、図書館には朝からたくさんの子供たちの元気な姿でいっぱい。「宝探しinふみの森」と題されたイベントが開催されました。主催したのは「なでしこの会」で、ふみの森もてぎを支えるサポーター組織の「ふみの森の仲間たち“こだま”の会」に登録しているボランティア団体です。

8月1日(土)

  • 特攻 本県出身隊員の軌跡 亡き友の写真だきて我は征く 永嶋福次郎さん(享年23)茂木出身 遺骨代わりに帰った石(下野新聞、3面)
[BookShelf Image]:38
  • 真岡鉄道から取得 新たなSLを公開 東武、12月運転開始へ(下野新聞、3面)
  • 読者登壇 心が和むはがき文化を残したい(下野新聞、4面)
  • 茂木町 税金をペイペイ納付 今月から、上下水道料も(下野新聞、25面)
[BookShelf Image]:37

 

7月31日(金)

  • マリオットの道の駅隣接ホテル 11月開業(下野新聞、13面)
  • 高校総文祭 ネットで動画、作品画像を公開 美術・工芸部門 茂木高校(下野新聞、20面)
  • 展示館だより 羽石光志新規収蔵作品展(下野新聞、22面)
  • 羽石光志新規収蔵作品展(毎日新聞、18面)
  • 大町屋台を模型に(真岡新聞、1面)
  • 総文祭 ウェブ開催 美術・工芸部門 茂木高校(真岡新聞、2面)
  • 茂木自動車学校 夏のキャンペーン実施(真岡新聞、2面)

 

7月30日(木)

  • コロナ対応 知事に要望 芳賀郡市5首長(下野新聞、5面)
  • 釣り 那珂川、天然アユが旬(下野新聞、21面)
  • 185人中、コロナ陽性5人 真岡・検査センター2カ月 県、業務委託延長の方針(下野新聞、25面)

 

7月29日(水)

  • 真岡鉄道のSL譲受 東武鉄道、12月から運行(下野新聞、11面)
  • 思いをつなぐとちぎのまつり 茂木 祇園祭 八雲神社宮司 小堀 真洋(47) 当番町支える態勢整備(下野新聞、22面)
  • 生育守り地域活性に一役 焼森山ミツマタ保全協議会(アスポ、2面)

 

7月26日(日)

  • みこし、山車は中止で… 感染症収束など祈る 茂木 八雲神社で祇園祭(下野新聞、23面) 
2020年 (令和2年)
11月26日(木)
Weather
火~金 9:00~19:00
土日祝 9:00~17:00