ふみの森もてぎ落成式

 平成28年7月15日、「ふみの森もてぎ落成式」が行われました。元禄16年(1703年)創業の酒造蔵元ほか、隣接する1900坪の土地に、町有林材をふんだんに活用した「まちなか文化交流館〈ふみの森もてぎ〉」の落成です。棟札によると弘化3年(1848年)という仕込み蔵の梁や柱を活用した“ギャラリーふくろう”に設けられた式典会場には、来賓および招待者、関係者など総勢120名が顔を揃え、玄関前で行われたテープカットまで、茂木町の新しい文化拠点のスタートをお祝いしました。

【古口達也町長による式辞】

宝探しinふみの森

 7月17日、ふみの森もてぎグランドオープンの翌日、図書館には朝からたくさんの子供たちの元気な姿でいっぱい。「宝探しinふみの森」と題されたイベントが開催されました。主催したのは「なでしこの会」で、ふみの森もてぎを支えるサポーター組織の「ふみの森の仲間たち“こだま”の会」に登録しているボランティア団体です。

 

 茂木町は今まさに春爛漫です。ふみの森から見える城山の桜は真っ白に山を染めています。道の駅河川沿いの枝垂れ桜はピンク色。夜にはライトアップされ、また違った桜の表情が見られます。町中からちょっと離れた花の山でも桜や連ぎょうが見事です。花を見ていると、コロナ禍でふさぎ込んでいた気持ちが少し安らぐ気がしますね。

 新年度を迎え、新たな職場や学校で、新しい生活が始まった方も多いと思います。ふみの森もてぎでも職員の異動がありました。3名の森人が森を離れ、新しい森人がふみの森の仲間になりました。新体制で新たなふみの森の歴史を刻んでいきますので、皆さんよろしくお願いします。       (森の長老)

 

 

  今日はかわいいお客様がふみの森に来てくださいました。お母さんの抱っこひもの中で、すやすや眠っている赤ちゃんです。「何か月ですか?」とお聞きしましたら「5か月です。初めてふみの森に来たんですよ」と絵本をたくさん借りていかれました。今日が図書館デビューの赤ちゃん。たくさん本を読んでもらい、健やかに育ちますように。赤ちゃんの寝顔にそうつぶやきました。ふみの森もてぎは毎日が赤ちゃんデーです。毎月第3金曜日の10時30分からは「おはなし会」も開催しています。新米ママもどうぞお気軽においでくださいね。              (森の長老)

 

 

 昨夜から降っていた雪が、5センチぐらい積もりました。ふみの森から見える城山もすっかり雪化粧。昨日の日中は雨だったので、道路は積もっていませんが、ふみの森は建物の影になっている駐車場付近は真っ白です。開館前に雪かきをしたのですが、水分を含んで重いこと。雪だるまを作ろうと思い、雪玉を作り転がしましたが、転がりません。仕方なく雪を積むようにして、小さな雪だるまを作りました。入口で皆さんをお待ちしています。

 何年か前までは、大雪になることもありましたが、ここしばらくはこのぐらいの積雪です。温暖化の影響なのでしょうか。

 今日は青空がでて、雪もとけてしまうでしょう。でも、日曜日はまた怪しい天気予報。ひどくならないといいですね。  (森の番長)

 

ふみの森から城山を眺めて

 

出来たての雪だるまも皆さまの来館をお待ちしています!

 

2022年 (令和4年)
10月1日(土)
Weather
火~金 9:00~19:00
土日祝 9:00~18:00