ふみの森もてぎ落成式

 平成28年7月15日、「ふみの森もてぎ落成式」が行われました。元禄16年(1703年)創業の酒造蔵元ほか、隣接する1900坪の土地に、町有林材をふんだんに活用した「まちなか文化交流館〈ふみの森もてぎ〉」の落成です。棟札によると弘化3年(1848年)という仕込み蔵の梁や柱を活用した“ギャラリーふくろう”に設けられた式典会場には、来賓および招待者、関係者など総勢120名が顔を揃え、玄関前で行われたテープカットまで、茂木町の新しい文化拠点のスタートをお祝いしました。

【古口達也町長による式辞】

宝探しinふみの森

 7月17日、ふみの森もてぎグランドオープンの翌日、図書館には朝からたくさんの子供たちの元気な姿でいっぱい。「宝探しinふみの森」と題されたイベントが開催されました。主催したのは「なでしこの会」で、ふみの森もてぎを支えるサポーター組織の「ふみの森の仲間たち“こだま”の会」に登録しているボランティア団体です。

 令和3年も残りひと月です。あっという間に1年が過ぎていくのを感じるのは私だけでしょうか。この時期「12月」「師走」という言葉を目にすると何となく気ぜわしいですよね。毎年、「早めに大掃除をし、ゆっくりと年末を迎えよう。」などと思っていても、結局ぎりぎりにならないと力が入らないから、クリスマスを過ぎたころから慌てて動き出すのは毎年のこと。同じような方いらっしゃいませんか。 

 そんなあなたに、特集棚には「年末の大掃除」関係の本を並べました。早めに借りて参考にしてくださいね。でもくれぐれも読んだだけで、やった気にはならないようにご注意を。

 そのほかに、今月の特集棚は「クリスマス」「大河ドラマ」にちなんだ本が並んでいます。忙しい年末ではありますが、空いた時間には読書で心を休ませ、新しい年をお迎えください。             (森の番長)

 

 栃木県立博物館マスコットキャラクター「みーたん」がふみの森もてぎに遊びに来てくれました。「みーたん」と「ふーミン」は同じミミズク土偶のキャラクターです。ふみの森もてぎの「ふーミン」はまだ生まれたて。これからたくさんお友達を作っていきたいなー。「みーたん」これからもよろしくね。  (ふーミン)

 ふみの森もてぎ5周年を記念して、ふみの森もてぎのマスコットキャラクターとして生まれ、愛称を募集していたミミズク土偶キャラクターの愛称が決まりました。「ふーミン」です。「ふーミン」ってどんな子かって、それでは「ふーミン」について少しお話しますね。

 「ふーミン」の本当の姿は、ミミズク土偶です。縄文時代の九石(さざらし)古宿(ふるじゅく)遺跡(茂木町九石という場所にあります)で、平成3年のお正月に発掘されました。ミミズク土偶は、胸部や腹部の表現から女性をイメージしていると言われ、出産や豊饒(豊作)にかかわる儀式(お祭り)に使われていたと考えられています。でも、正直なところ今も多くの謎に包まれています。(それが魅力の一つかも。皆さんも「ふーミン」が何に使われたのか想像してみてください。)

 チャームポイントは何といっても真ん丸の大きな目です。なんでも興味津々、好奇心いっぱいです。目と口を円形の粘土板を張り付けて表現してるその顔が、鳥のミミズクに似ていることから、ミミズク土偶と呼ばれるようになりました。耳のピアスやおだんごヘアーもかわいいでしょう。おしゃれ大好きな「ふーミン」です。性格は、優しくおっとり。

 ふーミンの名前の由来ですが、「ふ」は「ふみの森」から、ふーミンの「ミン」は「ミミズク土偶」からとったもので、「“ミン”なから愛されるように」との願いが込められています。ひらがなとカタカナの表記も日本語の多様性を示していています。

 これからの「ふーミン」のお仕事は、茂木町の良さ、すばらしさを情報発信することと歴史や文化の大切さを伝えることです。ふーミンの本当の姿のミミズク土偶は、ふみの森もてぎにいますが、通常は暗いお部屋で眠っているので、ふーミンがこれからいろいろな場面で登場していきます。みなさん、よろしくお願いします。  (森の番長)

 

                                                            

2022年 (令和4年)
5月17日(火)
Weather
火~金 9:00~19:00
土日祝 9:00~17:00