ふみの森もてぎ落成式

 平成28年7月15日、「ふみの森もてぎ落成式」が行われました。元禄16年(1703年)創業の酒造蔵元ほか、隣接する1900坪の土地に、町有林材をふんだんに活用した「まちなか文化交流館〈ふみの森もてぎ〉」の落成です。棟札によると弘化3年(1848年)という仕込み蔵の梁や柱を活用した“ギャラリーふくろう”に設けられた式典会場には、来賓および招待者、関係者など総勢120名が顔を揃え、玄関前で行われたテープカットまで、茂木町の新しい文化拠点のスタートをお祝いしました。

【古口達也町長による式辞】

宝探しinふみの森

 7月17日、ふみの森もてぎグランドオープンの翌日、図書館には朝からたくさんの子供たちの元気な姿でいっぱい。「宝探しinふみの森」と題されたイベントが開催されました。主催したのは「なでしこの会」で、ふみの森もてぎを支えるサポーター組織の「ふみの森の仲間たち“こだま”の会」に登録しているボランティア団体です。

 茂木町作家協会主催の秋の作品展。先日、保育園児が招かれて見学にやってきました。作家さんたちの計らいで、特別に作品に触れることができることになりました。来る前に「作品には触ってはいけませんよ」って言われてきた園児たちは大喜び。ちょっと覗いたら、子どもたちは漆器や彫刻などの工芸作品に触れながら、作品の肌触りや感触を楽しんでいました。子どもたちの歓声と笑顔がいっぱいの見学会。17日の下野新聞には、子どもたちの様子が写真入りで掲載されていました。その記事の中に、作家協会の松崎代表のコメント「子どもの頃からこういう場に出入りすると、大人になっても見に来てくれる。」とありましたが、本当にそうだなと思いました。いつもは静かなギャラリーもこの日ばかりは子どもたちの歓声で賑わっていました。こんな作品展も楽しいですね。    (森の番長)

 4日から始まった茂木町作家協会主催もてぎの秋の作品展は「だれも みれない」です。「えっ、見ることができない作品展?」と驚きの声が聞こえそうです。茂木町作家協会では、これまで「森の傍流」や「漆黒の紅蓮」といった様々な手法を凝らした展示を開催しており、コロナ禍の中での今回の展示は、事前予約制の形をとりました。入口には「立ち入り禁止」のテープが張られ、一見物々しい雰囲気。3密回避など人と離れることが「新しい生活様式」の今、作家と来館者のコミュニケーションをとることもままならない現状を憂い、この悲しい現状もすべて見ていただくことを一番の目的としているとのことです。陶芸・絵画・木漆工芸の各ジャンルの作家7名の作品と特別招待作家として彫刻家安藤榮作氏の作品が展示されています。

 通常よりも間隔を開けた展示になっていますが、それだからこそ、じっくりと一つ一つを鑑賞することができます。ぜひ、ご覧ください。

安藤氏のアマビエの彫刻にこの禍の早期収束を祈りながら・・(森の番長)

 7月に4周年を迎えたふみの森では、図書館内に4周年の木を描き、利用者の方々にメッセージの花を咲かせてもらっています。たくさんの方のメッセージで今、ふみの森もてぎの木は満開です。

 「4周年おめでとう」や「素敵な図書館ですね」「いろいろな本があってうれしい」など、たくさんのメッセージの花に森人たちは感激しました。特に、お子さんの「この森を誇りに思っています」「ふみの森が大好きです」などのメッセージをみつけた時は本当にうれしかったです。大人になっても、このふみの森に来てくれるといいな。ずっと本を好きでいてくれるといな。と思います。皆さんの言葉を元気の素として、5周年に向かって、森人全員力を合わせ頑張っていこうと新たな気持ちになりました。    (森の番長)

2020年 (令和2年)
11月28日(土)
Weather
火~金 9:00~19:00
土日祝 9:00~17:00