ふみの森もてぎ落成式

 平成28年7月15日、「ふみの森もてぎ落成式」が行われました。元禄16年(1703年)創業の酒造蔵元ほか、隣接する1900坪の土地に、町有林材をふんだんに活用した「まちなか文化交流館〈ふみの森もてぎ〉」の落成です。棟札によると弘化3年(1848年)という仕込み蔵の梁や柱を活用した“ギャラリーふくろう”に設けられた式典会場には、来賓および招待者、関係者など総勢120名が顔を揃え、玄関前で行われたテープカットまで、茂木町の新しい文化拠点のスタートをお祝いしました。

【古口達也町長による式辞】

宝探しinふみの森

 7月17日、ふみの森もてぎグランドオープンの翌日、図書館には朝からたくさんの子供たちの元気な姿でいっぱい。「宝探しinふみの森」と題されたイベントが開催されました。主催したのは「なでしこの会」で、ふみの森もてぎを支えるサポーター組織の「ふみの森の仲間たち“こだま”の会」に登録しているボランティア団体です。

 7月に4周年を迎えたふみの森では、図書館内に4周年の木を描き、利用者の方々にメッセージの花を咲かせてもらっています。たくさんの方のメッセージで今、ふみの森もてぎの木は満開です。

 「4周年おめでとう」や「素敵な図書館ですね」「いろいろな本があってうれしい」など、たくさんのメッセージの花に森人たちは感激しました。特に、お子さんの「この森を誇りに思っています」「ふみの森が大好きです」などのメッセージをみつけた時は本当にうれしかったです。大人になっても、このふみの森に来てくれるといいな。ずっと本を好きでいてくれるといな。と思います。皆さんの言葉を元気の素として、5周年に向かって、森人全員力を合わせ頑張っていこうと新たな気持ちになりました。    (森の番長)

 今朝は気持ちがいい青空でした。梅雨が明けたようです。小中学生もやっと今日から夏休みです。ふみの森もてぎのギャラリー「ふくろう」では、茂木中学校の美術部の皆さんが展示の準備をしています。3月に行う予定だった作品展ですが、新型コロナ感染予防で臨時休館になりできませんでした。今回、指導の先生と調整をとり、今日から展示していただくことができました。卒業した3年生の作品も展示してあります。ポスターやデザイン、絵画、版画などたくさんの作品が展示されています。皆、すばらしい作品ばかりです。

 茂木町では、古くは島崎雲圃(しまざきうんぽ)、古田土雅堂(こだとがどう)、羽石光志(はねいしこうじ)といった日本美術史に名を残す画家が輩出しています。また、版画家の見目陽一(けんもくよういち)さんや漫画家の金子節子(かねこせつこ)さん、茂木在住の木漆工芸作家の松崎融(まつざきとおる)さんなど数々の方が現在活躍をされています。若い漫画家の方も育っています。

 ふみの森もてぎでは、茂木の歴史と文化を伝える展示を定期的に行っています。現在は「羽石光志展」を開催しています。中学生の皆さんには、ぜひ本物に触れ、感性を磨いていってほしいと思います。今回、作品を展示している生徒さんが、美術の道に進み、ふみの森もてぎのギャラリーで作品展を開催してくれる。そんな日が来ることを期待しています。今日の青空のように、元気で明るい中学生を見ながら思った、梅雨明けの日でした。    (森の番長)

 724日は祝日『スポーツの日』です。本来でしたらオリンピックイヤーで日本中を歓喜と熱狂の渦に巻き込むはずでしたが、新型コロナウイルスの影響で日本中、いや、世界中が恐怖と不安の渦に巻き込まれてしまいました。オリンピックも来年2021年に延期するという話ですが、はたして来年無事に開催できるかどうか今の状況では疑問に思ってしまいます...

 ただ、いつまでもウイルスに怯えているばかりではいられません。スポーツもそうですが、何事にも逆境というものがあります。その逆境を乗り越えた先には、必ず新しい世界が見えてくるものです。今、世界はまさに逆境の時です。私たち1人1人の力を合わせて乗り越える時が来たのではないでしょうか?      (森の番犬)

 

2021年 (令和3年)
9月29日(水)
Weather
火~金 9:00~19:00
土日祝 9:00~17:00