ふみの森もてぎ落成式

 平成28年7月15日、「ふみの森もてぎ落成式」が行われました。元禄16年(1703年)創業の酒造蔵元ほか、隣接する1900坪の土地に、町有林材をふんだんに活用した「まちなか文化交流館〈ふみの森もてぎ〉」の落成です。棟札によると弘化3年(1848年)という仕込み蔵の梁や柱を活用した“ギャラリーふくろう”に設けられた式典会場には、来賓および招待者、関係者など総勢120名が顔を揃え、玄関前で行われたテープカットまで、茂木町の新しい文化拠点のスタートをお祝いしました。

【古口達也町長による式辞】

宝探しinふみの森

 7月17日、ふみの森もてぎグランドオープンの翌日、図書館には朝からたくさんの子供たちの元気な姿でいっぱい。「宝探しinふみの森」と題されたイベントが開催されました。主催したのは「なでしこの会」で、ふみの森もてぎを支えるサポーター組織の「ふみの森の仲間たち“こだま”の会」に登録しているボランティア団体です。

 ふみの森のエントランスに、クリスマスツリーが飾られました。新型コロナ感染症予防によりギャラリーでの展示ができなかったトールペイント教室の先生が飾って下さったものです。大きなツリーにトールペイントで制作したオーナメントがたくさん。イルミネーションもついて、エントランスが華やかになりました。図書館の中では、クリスマスや来年の干支「丑」に関する特集棚、そして百人一首をはじめ伝承遊びに関する特集コーナーなどなど館内は年末の装いに。

 さて、一週間前ぐらいから、城山の一部が黄色に染まっているのが見えます。気になって、先日見てきました。蝋梅の葉が黄色く紅葉していたのです。こんなに色づくなんて今まで気が付きませんでした。中をのぞくと、枝にはたくさんの蕾があり、まもなく花開きいい香りを放つことでしょう。新型コロナ感染症に不安な日々を過ごしたまま一年が過ぎようとしています。そんな人々の心を癒すかのように自然は美しさを増しているのでしょうか。いや、自然はいつも通りで、私たちの心がそう感じさせるのかもしれません。        (森の番長)

 令和2年もあっという間に11月を迎えました。ふみの森から見える城山や街路樹の木々が色づき里山は秋真っ盛りです。現在ギャラリーでは、茂木町文化祭が開催されています。ふみの森で芸術に触れた後は、城山散策などをするのも気持ちがいいのではないでしょうか。

 ところで、4年ぶりにふみの森に戻って仕事をすることになりましたが、このふみの森はさまざまな方に支えられているのだなと改めて感じています。図書館の利用者の方や展示を行ってくださる方はもちろんですが、定期的に書架を整理したり、お花を活けたり、トイレに折り紙を飾ったりと多くのボランティアさんが大きな力となり、私たちを支えて下さっています。お陰様で、ふみの森を訪れた方からは、「いい展示でしたよ」「花や折り紙がいいですね」などとお声掛けいただき、森人たちは幸せな気持ちで仕事をすることができます。

 これからも、利用者の方やボランティアの方、さらにふみの森に関わって下さるたくさんの方と一緒にこのふみの森を成長させていきたいと思います。   (森の番長)

 「シトラスリボンプロジェクト」って知っていますか。新型コロナウィルスによる誹謗中傷を無くそう。「ただいま」と「おかえり」が言い合える地域であるようにと愛媛県から始まったプロジェクトです。栃木県でもこのプロジェクトに参加しているグループがあり、茂木町では女性団体「なでしこの会」の皆さんがリボンを作成し、ふみの森もてぎ図書館のカウンターにも置いて下さいました。森人たちもこのリボンをつけて業務にあたっています。図書を借りに来られた方も、このリボンに注目。皆さん手に取って下さっています。リボンの3つの輪は、地域、家庭、職場(学校)を表しているそうですが、いろいろな方が、いろいろな地域でこのプロジェクトを広めています。新型コロナウィルスによる誹謗中傷だけでなく、様々な差別や心を刺す刃物のような言葉があふれている世の中。このシトラスリボンプロジェクトの趣旨が皆さんに伝わり、優しい人の輪が広がっていくといいですね。   (森の番長)

2021年 (令和3年)
9月29日(水)
Weather
火~金 9:00~19:00
土日祝 9:00~17:00