ふみの森もてぎ落成式

 平成28年7月15日、「ふみの森もてぎ落成式」が行われました。元禄16年(1703年)創業の酒造蔵元ほか、隣接する1900坪の土地に、町有林材をふんだんに活用した「まちなか文化交流館〈ふみの森もてぎ〉」の落成です。棟札によると弘化3年(1848年)という仕込み蔵の梁や柱を活用した“ギャラリーふくろう”に設けられた式典会場には、来賓および招待者、関係者など総勢120名が顔を揃え、玄関前で行われたテープカットまで、茂木町の新しい文化拠点のスタートをお祝いしました。

【古口達也町長による式辞】

宝探しinふみの森

 7月17日、ふみの森もてぎグランドオープンの翌日、図書館には朝からたくさんの子供たちの元気な姿でいっぱい。「宝探しinふみの森」と題されたイベントが開催されました。主催したのは「なでしこの会」で、ふみの森もてぎを支えるサポーター組織の「ふみの森の仲間たち“こだま”の会」に登録しているボランティア団体です。

 例年より桜の開花が早く、ふみの森から見える城山の桜は、もうすでに葉桜にの装い。山々は新緑に変わりつつあります。出会いと別れの春です。ふみの森でも職員の異動がありました。

 開館から5年間、図書館部門の中心となってくれたMさんが本庁へ異動し、同じ教育委員会部局生涯学習課からSさんが新しい仲間になりました。

 Mさんは、平成28年4月に新規採用職員として、ふみの森に配属になりました。他の図書館で司書として勤務していたMさんは、大きな体に大きな声、新人というよりは頼もしい仲間でした。7月の開館を間近にてんてこ舞いの毎日、遅くまで開館準備に追われていた日々を懐かしく思い出します。昨年、4年ぶりにふみの森に戻ってきてMさんと一年仕事をしましたが、他の職員から頼られる存在になっていました。他の部署に異動しましたが、仕事の幅を広げ、ひとまわりもふたまわりも大きく成長し、またふみの森に戻ってきてくれることを森人全員で願っています。「ね、まっちゃん。期待しているよ。」    (森の番長)

2021年 (令和3年)
6月17日(木)
Weather
火~金 9:00~19:00
土日祝 9:00~17:00