ふみの森もてぎ落成式

 平成28年7月15日、「ふみの森もてぎ落成式」が行われました。元禄16年(1703年)創業の酒造蔵元ほか、隣接する1900坪の土地に、町有林材をふんだんに活用した「まちなか文化交流館〈ふみの森もてぎ〉」の落成です。棟札によると弘化3年(1848年)という仕込み蔵の梁や柱を活用した“ギャラリーふくろう”に設けられた式典会場には、来賓および招待者、関係者など総勢120名が顔を揃え、玄関前で行われたテープカットまで、茂木町の新しい文化拠点のスタートをお祝いしました。

【古口達也町長による式辞】

宝探しinふみの森

 7月17日、ふみの森もてぎグランドオープンの翌日、図書館には朝からたくさんの子供たちの元気な姿でいっぱい。「宝探しinふみの森」と題されたイベントが開催されました。主催したのは「なでしこの会」で、ふみの森もてぎを支えるサポーター組織の「ふみの森の仲間たち“こだま”の会」に登録しているボランティア団体です。

 年明けの日曜日。閉館の音楽に促され、2階のキャレル席で帰り支度をしていた高校生がいました。「受験生?」と声をかけると、「そうです。もうすぐ、共通テストです」とのこと。今日、明日は「大学入学共通テスト」ですね。私の頃は「共通一次」でしたが、その後「センター試験」になり、今年は共通テスト最初の年。コロナ禍の中で学校の休校や、オンライン授業など受験生にとっては大変な一年だったと思います。ふみの森も年度当初には休館になり、開館後も学習室やキャレル席はしばらく使用禁止に。いつもなら、一生懸命勉強している高校生でにぎわっている夏休みもひっそりしていました。現在も、2時間の制限を設けての利用です。ごめんね。もっと利用したいよね。それでも、不平も言わず、時間を守り、まじめに勉強している高校生に明るい春が訪れることを願うばかりです。荷物を抱え、帰っていく後ろ姿に「がんばれ」と心の中でエールを送りました。       (森の番長)

2021年 (令和3年)
3月4日(木)
Weather
火~金 9:00~19:00
土日祝 9:00~17:00