ふみの森もてぎ落成式

 平成28年7月15日、「ふみの森もてぎ落成式」が行われました。元禄16年(1703年)創業の酒造蔵元ほか、隣接する1900坪の土地に、町有林材をふんだんに活用した「まちなか文化交流館〈ふみの森もてぎ〉」の落成です。棟札によると弘化3年(1848年)という仕込み蔵の梁や柱を活用した“ギャラリーふくろう”に設けられた式典会場には、来賓および招待者、関係者など総勢120名が顔を揃え、玄関前で行われたテープカットまで、茂木町の新しい文化拠点のスタートをお祝いしました。

【古口達也町長による式辞】

宝探しinふみの森

 7月17日、ふみの森もてぎグランドオープンの翌日、図書館には朝からたくさんの子供たちの元気な姿でいっぱい。「宝探しinふみの森」と題されたイベントが開催されました。主催したのは「なでしこの会」で、ふみの森もてぎを支えるサポーター組織の「ふみの森の仲間たち“こだま”の会」に登録しているボランティア団体です。

 令和2年もあっという間に11月を迎えました。ふみの森から見える城山や街路樹の木々が色づき里山は秋真っ盛りです。現在ギャラリーでは、茂木町文化祭が開催されています。ふみの森で芸術に触れた後は、城山散策などをするのも気持ちがいいのではないでしょうか。

 ところで、4年ぶりにふみの森に戻って仕事をすることになりましたが、このふみの森はさまざまな方に支えられているのだなと改めて感じています。図書館の利用者の方や展示を行ってくださる方はもちろんですが、定期的に書架を整理したり、お花を活けたり、トイレに折り紙を飾ったりと多くのボランティアさんが大きな力となり、私たちを支えて下さっています。お陰様で、ふみの森を訪れた方からは、「いい展示でしたよ」「花や折り紙がいいですね」などとお声掛けいただき、森人たちは幸せな気持ちで仕事をすることができます。

 これからも、利用者の方やボランティアの方、さらにふみの森に関わって下さるたくさんの方と一緒にこのふみの森を成長させていきたいと思います。   (森の番長)

2020年 (令和2年)
11月26日(木)
Weather
火~金 9:00~19:00
土日祝 9:00~17:00