ふみの森もてぎ落成式

 平成28年7月15日、「ふみの森もてぎ落成式」が行われました。元禄16年(1703年)創業の酒造蔵元ほか、隣接する1900坪の土地に、町有林材をふんだんに活用した「まちなか文化交流館〈ふみの森もてぎ〉」の落成です。棟札によると弘化3年(1848年)という仕込み蔵の梁や柱を活用した“ギャラリー...

Read more
宝探しinふみの森

 7月17日、ふみの森もてぎグランドオープンの翌日、図書館には朝からたくさんの子供たちの元気な姿でいっぱい。「...

Read more

 
 
茂木町指定記念物(天然記念物)平成15年3月20日指定
所 在  地 ■桧山646番地 桧山薬師堂
推定樹齢 ●約290年
大 き  さ ●樹高35m、胸高周囲3.61m、
      枝張り:東西16m、南北18.5m
 
 桧山薬師堂が東光寺の付属建物として建立されたころに植えられたものと推測される。薬師堂前にそびえている姿は遠くからも見え、紅葉の時期は特に見事である。イチョウはイチョウ科に属し、原産地は中国で「生きている化石」とも呼ばれている。日本に伝わって以降、寺社の境内や並木、街路樹、公園樹として植えられ、人々と関わりが深い木である。
 
2019年 (令和元年)
6月19日(水)
Weather
火~金 9:00~19:00
土日祝 9:00~18:00