ふみの森もてぎ落成式

 平成28年7月15日、「ふみの森もてぎ落成式」が行われました。元禄16年(1703年)創業の酒造蔵元ほか、隣接する1900坪の土地に、町有林材をふんだんに活用した「まちなか文化交流館〈ふみの森もてぎ〉」の落成です。棟札によると弘化3年(1848年)という仕込み蔵の梁や柱を活用した“ギャラリーふくろう”に設けられた式典会場には、来賓および招待者、関係者など総勢120名が顔を揃え、玄関前で行われたテープカットまで、茂木町の新しい文化拠点のスタートをお祝いしました。

【古口達也町長による式辞】

宝探しinふみの森

 7月17日、ふみの森もてぎグランドオープンの翌日、図書館には朝からたくさんの子供たちの元気な姿でいっぱい。「宝探しinふみの森」と題されたイベントが開催されました。主催したのは「なでしこの会」で、ふみの森もてぎを支えるサポーター組織の「ふみの森の仲間たち“こだま”の会」に登録しているボランティア団体です。

 若者へ/若者から 

ふみの森の図書館は中高生の姿が目立ちます。7月のオープン直後は小学生も含めて館内に子どもと若者の熱気があふれていました。最近も定期試験の前など、朝早くからエントランスで9時の開館を待ち、あるいは夕方7時の閉館まで勉強に励む中高校生を見ると、うれしい気持ちになります。 

続きを読む: 森を語る〈7〉

 冬隣(ふゆどなり)

 晩秋のこの季節は、冬がすぐ近くに来ているという意味で「冬隣」とも呼ばれます。(もっとも今年はつい先日54年ぶりという早い降雪があり、冬隣どころか「冬の乱入」という趣でしたが…)冬隣は俳句の季語としてつかわれ、歳時記をひもとくと「冬隣裸の柿のをかしさよ」(坪内逍遙)「押入の奥にさす日や冬隣」(草間時彦)といった句が見られます。また、歌の好きな方(歌謡曲ファン)なら、ちあきなおみが歌った佳曲「冬隣」(吉田旺作詞、杉本眞人作曲)を思い出されることでしょう。愛する人に先立たれた女性が、晩秋の夜更け亡き人を偲ぶ思いを歌い上げた作品で、「地球の夜更けは淋しいよ」というサビが耳に残ります。 

続きを読む: 森を語る〈6〉

読書週間に<文化>について考えてみました

毎年10月27日から11月9日までが読書週間となっています。1947年に始まり今年で70回を迎えました。第2回の1948年に文化の日が制定されてから、この日をはさむ2週間というかたちで現在に至っています。また、2005年には文字・活字文化振興法が制定され、読書週間初日の10月27日が文字・活字文化の日と定められています。 

続きを読む: 森を語る〈5〉

2019年 (令和元年)
8月26日(月)
Weather
火~金 9:00~19:00
土日祝 9:00~18:00