ふみの森もてぎ落成式

 平成28年7月15日、「ふみの森もてぎ落成式」が行われました。元禄16年(1703年)創業の酒造蔵元ほか、隣接する1900坪の土地に、町有林材をふんだんに活用した「まちなか文化交流館〈ふみの森もてぎ〉」の落成です。棟札によると弘化3年(1848年)という仕込み蔵の梁や柱を活用した“ギャラリーふくろう”に設けられた式典会場には、来賓および招待者、関係者など総勢120名が顔を揃え、玄関前で行われたテープカットまで、茂木町の新しい文化拠点のスタートをお祝いしました。

【古口達也町長による式辞】

宝探しinふみの森

 7月17日、ふみの森もてぎグランドオープンの翌日、図書館には朝からたくさんの子供たちの元気な姿でいっぱい。「宝探しinふみの森」と題されたイベントが開催されました。主催したのは「なでしこの会」で、ふみの森もてぎを支えるサポーター組織の「ふみの森の仲間たち“こだま”の会」に登録しているボランティア団体です。

 

そろそろ図書の分類についてお話ししましょう

図書館や書店など、大量の本を書架に並べて、訪れる人に見てもらう施設は、必ず何らかの基準を設けて並べ方に意味をもたせています。その並べ方は普通、類似した本、関連のある本が同じ場所にまとまるように、全体を区分していきますので、これを本(図書)の「分類」といい、その基準を「分類法」と呼んでいます。「ふみの森もてぎ図書館」ももちろん自館の図書を分類して書架に並べています。

私たちがだれでも入れて、図書などを見ることができる図書館を「公共図書館(public library)」といいますが、公共図書館はたいていの場合、自館の図書を、まず一般図書、そして児童・青少年図書(絵本・児童書・中高生世代向けの図書)、地域資料(郷土史などその地域に関する図書類)、レファレンスブック(辞書・事典など調べるための図書。参考図書ともいう)などに大きく区分しています。ちなみに、これらの「図書資料」とは別に、図書館には新聞・雑誌、視聴覚資料(CD、DVDほか)などもありますので、図書館がもっている資料の全体を指すときはこれを「図書館資料」といっています。 

ふみの森もてぎ図書館も公共図書館として上記の基本的な大区分を採用しています。しかしこの区分はあまりにも粗くて、分類とはいえないレベルのものです。最も数の多い一般図書をはじめ、各区分についてより詳細な分類をする必要があり、そのためには分類法がなくてはなりません。日本において和書(日本語の図書)の分類に用いられるのが「日本十進分類法」(Nippon Decimal Classification=NDC)というもので、公共図書館での採用率はほぼ100%といわれています。

NDCといわれてもピンとこない方も多いかと思いますが、「0 総記」「1 哲学」……「8 言語」「9 文学」といった表示を図書館で見かけたことはありませんか。0から9までの数字を組み合わせた分類番号で特定の主題や形式を表現し、同類の図書には同じ番号を与えた上で、おおむね番号順に図書を書架に並べていきます。図書館の本の背にはラベルが貼られ、そこに印字されているのがNDCの分類番号です。

ところで、ふみの森の図書館の本にはNDCの番号がありません。普通の図書館より小さめのラベルは貼られていますが、印字されているのはNDCとは異なる数字や文字です。館内のどこを見ても「0 総記」「1 哲学」といった表示はありません。代わりに「A ともに生きる」「B すぐに役立つ」といった表示が出ています。茂木町に誕生したこの図書館は、実はNDCを最初から使用していない、「ほぼ100%」に属さない公共図書館なのです。

開館以来、図書館によく通じた複数の方から「NDCを使わないでどうやって本を探すんですか」と真顔で尋ねられたたことがあります。もちろんNDCを使わないからといって、私どもは図書の分類を放棄してランダム(でたらめ)に本を並べているわけではありません。NDCとは別に茂木独自の分類法を考案し、それによって図書館資料に一定の秩序を与えようとしています。その辺のことをこれから何回かに分けてお話ししていきたいと思います。

 
▲書架上の分類表示                 ▲NDCのラベル(左)と当館のラベル(右)
 
2021年 (令和3年)
9月29日(水)
Weather
火~金 9:00~19:00
土日祝 9:00~17:00