ふみの森もてぎ落成式

 平成28年7月15日、「ふみの森もてぎ落成式」が行われました。元禄16年(1703年)創業の酒造蔵元ほか、隣接する1900坪の土地に、町有林材をふんだんに活用した「まちなか文化交流館〈ふみの森もてぎ〉」の落成です。棟札によると弘化3年(1848年)という仕込み蔵の梁や柱を活用した“ギャラリーふくろう”に設けられた式典会場には、来賓および招待者、関係者など総勢120名が顔を揃え、玄関前で行われたテープカットまで、茂木町の新しい文化拠点のスタートをお祝いしました。

【古口達也町長による式辞】

宝探しinふみの森

 7月17日、ふみの森もてぎグランドオープンの翌日、図書館には朝からたくさんの子供たちの元気な姿でいっぱい。「宝探しinふみの森」と題されたイベントが開催されました。主催したのは「なでしこの会」で、ふみの森もてぎを支えるサポーター組織の「ふみの森の仲間たち“こだま”の会」に登録しているボランティア団体です。

森のあしあと

ふみの森もてぎでは、様々な展示イベントを行っています。このコーナーでは、過去の主な出来事などをアーカイブしていきます。

この展示は終了しました。

たくさんのご来場、ありがとうございました!

11月1日から5日まで、ふみの森もてぎ町民ギャラリーこもれびにて「第14回笹井鋒水書作展 西行」を開催します。新古今和歌集を代表する歌人・西行は、激動の時代の中で、人の心の本質をしなやかに表現しました。彼の歌の心を表現した作品展です。皆さん、ぜひお越しください。

 

 この展示は終了しました。

たくさんのご来場、ありがとうございました!

11月3日から5日まで、ふみの森もてぎギャラリーふくろうにて「見目陽一展」を開催します。もてぎふるさと応援大使の見目陽一さんは、故郷の自然などを表現する木口版画の第一人者として有名です。今回は、ドローイングの線画や版画作品など展示します。皆さん、ぜひお越しください。 

この企画展は終了しました。

たくさんのご来場、ありがとうございました!

 10月21日から29まで、ふみの森もてぎギャラリーふくろうにて「日本板画院展」を開催します。日本板画院は「世界に冠たる日本板画の道を創ろう」という棟方志功の強い願いに共鳴した版画家たちによって創立された版画の美術団体で、非常に歴史があります。東京都美術館で開催された板院展の作品の一部(北関東支部の皆さんの作品)が、茂木町でも初めてご覧いただける、とても貴重な機会となっております。皆さん、ぜひお越しください。

 

2020年 (令和2年)
10月29日(木)
Weather
火~金 9:00~18:00
土日祝 9:00~17:00