ふみの森もてぎ落成式

 平成28年7月15日、「ふみの森もてぎ落成式」が行われました。元禄16年(1703年)創業の酒造蔵元ほか、隣接する1900坪の土地に、町有林材をふんだんに活用した「まちなか文化交流館〈ふみの森もてぎ〉」の落成です。棟札によると弘化3年(1848年)という仕込み蔵の梁や柱を活用した“ギャラリーふくろう”に設けられた式典会場には、来賓および招待者、関係者など総勢120名が顔を揃え、玄関前で行われたテープカットまで、茂木町の新しい文化拠点のスタートをお祝いしました。

【古口達也町長による式辞】

宝探しinふみの森

 7月17日、ふみの森もてぎグランドオープンの翌日、図書館には朝からたくさんの子供たちの元気な姿でいっぱい。「宝探しinふみの森」と題されたイベントが開催されました。主催したのは「なでしこの会」で、ふみの森もてぎを支えるサポーター組織の「ふみの森の仲間たち“こだま”の会」に登録しているボランティア団体です。

森の道しるべ

「とちぎ教育の日」生涯フェスティバル・文芸講演会が、11月8日(水)栃木県総合文化センターで行われます。講師は、作家・小説家の阿刀田高(あとうだたかし)氏、演題は『ギリシア神話の魅力~読書への誘い~』です。この講演会にちなみ、阿刀田高氏とギリシア神話に関する本を集めました。阿刀田氏はミステリーやブラックユーモアの分野での短編が多く、短編集『ナポレオン狂』で直木賞受賞、世界各国の古典を読み解いた随筆など著書が多数あります。ふみの森もてぎでも先着10名様分の整理券を用意していますので、興味のある方は、図書館カウンターへお早めにお申し出ください。 

[BookShelf Image]:10

続きを読む: 【特集】阿刀田高とギリシア神話

7月26・27日、茂木高校生が、ふみの森もてぎで職場体験をしてくれました。図書館の仕事の一環で、特集棚作りに挑戦 。現在、ギャラリーで展示中の「茂木の昆虫展」&「とちぎのカエルとサンショウウオ」にちなみ、テ-マは『昆虫博士になろう!』です ♪みなさん、ぜひ読んでみてください。 

[BookShelf Image]:8

 

 7月26・27日、茂木高校生が、ふみの森もてぎで職場体験をしてくれました。図書館の仕事の一環で、特集棚作りに挑戦! 8月11日の「山の日」にちなみ『山の日特集』です♪「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する日」とされていて、2016年から誕生した国民の祝日です。ふるさとに帰り、故郷の山や自然を見つめ直したりしてはいかがでしょうか。この機会に、茂木高校生が選んだ山に関する本も、オススメです! 

[BookShelf Image]:9
2020年 (令和2年)
10月30日(金)
Weather
火~金 9:00~18:00
土日祝 9:00~17:00