ふみの森もてぎ落成式

 平成28年7月15日、「ふみの森もてぎ落成式」が行われました。元禄16年(1703年)創業の酒造蔵元ほか、隣接する1900坪の土地に、町有林材をふんだんに活用した「まちなか文化交流館〈ふみの森もてぎ〉」の落成です。棟札によると弘化3年(1848年)という仕込み蔵の梁や柱を活用した“ギャラリーふくろう”に設けられた式典会場には、来賓および招待者、関係者など総勢120名が顔を揃え、玄関前で行われたテープカットまで、茂木町の新しい文化拠点のスタートをお祝いしました。

【古口達也町長による式辞】

宝探しinふみの森

 7月17日、ふみの森もてぎグランドオープンの翌日、図書館には朝からたくさんの子供たちの元気な姿でいっぱい。「宝探しinふみの森」と題されたイベントが開催されました。主催したのは「なでしこの会」で、ふみの森もてぎを支えるサポーター組織の「ふみの森の仲間たち“こだま”の会」に登録しているボランティア団体です。

森の道しるべ

 7月26・27日、茂木高校生が、ふみの森もてぎで職場体験をしてくれました。図書館の仕事の一環で、特集棚作りに挑戦! 8月11日の「山の日」にちなみ『山の日特集』です♪「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する日」とされていて、2016年から誕生した国民の祝日です。ふるさとに帰り、故郷の山や自然を見つめ直したりしてはいかがでしょうか。この機会に、茂木高校生が選んだ山に関する本も、オススメです! 

[BookShelf Image]:9

7月18日「生涯現役」として著作や講演など幅広く活動してきた日野原重明さんが、105歳で亡くなりました。聖路加国際病院名誉院長で高齢者が活躍できる社会作りを提唱した日野原さんは、「生活習慣病」の名称を早くから唱え、予防学の重要性を訴えてきました。追悼特集として、日野原先生に関する本を集めましたので、ぜひご覧ください。 

[BookShelf Image]:11

平成29年7月16日(日)ふみの森もてぎ開館1周年を迎えました。これを記念して、ノンフィクション作家・柳田邦男先生をお迎えし、講演会をギャラリーふくろうにて開催、図書館では先生にちなんだ特集棚を設置しました。先生のご著書のほか、「大人が絵本に涙する時」「生きる力、絵本の力」で紹介された絵本などを集めました。ぜひ、ご覧ください。 

[BookShelf Image]:7
2020年 (令和2年)
8月7日(金)
Weather
火~金 9:00~19:00
土日祝 9:00~18:00