ログイン中の会員
ゲストさん
資料の詳細

■資料情報

書名

可能性としての戦後以後

岩波現代文庫 文芸 323

著者 加藤 典洋∥著
著者典拠
出版者 岩波書店
出版年 2020.4
ページ数 349p
大きさ 15cm
ISBN
4006023235, 9784006023232
内容紹介
戦後の思想空間の歪みと分裂をラディカルに解体した加藤典洋。その挑戦は、再び顧みられるべき秋を迎えている。「「日本人」の成立」「「瘠我慢の説」考」「失言と癋見」など、画期を成す論考を収め、戦後的思考の更新と新たな構築への意欲を刻んだ評論集。
内容:スタートのライン. 「日本人」の成立. 失言と癋見. 「瘠我慢の説」考. チャールズ・ケーディスの思想. 二つの視野の統合. 戦後的思考の原型
キーワード

 

■蔵書状況

所蔵: 1    予約: 0 件
所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 種別 備考
ふみの森もてぎ図書館 新刊1 - 新刊 bu/カ 100074677 一般図書
貸出できます
※「(配送中)」の資料については、窓口にてお問い合わせください。