ログイン中の会員
ゲストさん
資料の詳細

■資料情報

書名

オウムと死刑

著者 河出書房新社編集部∥編、古川 日出男∥〔ほか著〕
著者典拠
出版者 河出書房新社
出版年 2018.11
ページ数 207p
大きさ 21cm
ISBN
4309248861, 9784309248868
内容紹介
オウム13名死刑執行を機にオウムとは何だったのか、死刑とは何か、そしてこの時代を問いかける。森達也、伊東乾、宮内勝典、星野智幸、青木理、片山杜秀、大石圭など。
内容:あの七月以降、僕たちはもう、全員オウムの信者だ 古川日出男著. 耐えがたい苦味と、無力感と 青木理著. 林泰男さんの死刑をどう受けとめたか 田口ランディ述. 土谷正実くんについて 大石圭著. 端本悟さんの弁護人として 河井匡秀述. 因縁因果と形代流し 伊東乾著. 十二名も被害者なのです 永岡英子述. 十三名の死刑執行は死刑制度を根底から変えた 深田卓述. オウムから見えた社会の歪みと変貌 森達也述. オウムが壊したもの、オウムにあらがうもの 宮内勝典述. オウム事件は形を変えて始まっている 星野智幸述. 三十一年之悪夢 片山杜秀著. 平成の事件は平成のうちに? 武田砂鉄著. オウム真理教と科学 奥村大介著. 〈入門〉オウム真理教事件とは何か 奥村大介著
キーワード 死刑-日本 オウム真理教
おすすめ本

 

■蔵書状況

所蔵: 1    予約: 0 件
所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 種別 備考
ふみの森もてぎ図書館 緑06 - 1連1段 A707/オ 100063197 一般図書
貸出できます
※「(配送中)」の資料については、窓口にてお問い合わせください。