ログイン中の会員
ゲストさん
資料の詳細

■資料情報

書名

自壊の病理 日本陸軍の組織分析

著者 戸部 良一∥著
著者典拠
出版者 日本経済新聞出版社
出版年 2017.4
ページ数 319p
大きさ 20cm
ISBN
4532176204, 9784532176204
内容紹介
ヴィジョン不在、戦略なき選択、ガバナンス崩壊…。エリート集団自滅のメカニズムを歴史家が解明。「戦前の陸軍は権力をほしいままにして対英米戦争に突入した」というステレオタイプな歴史記述に異議を申し立て、歴史家としての事実に基づいた分析を行う。
内容:昭和陸軍・自壊の病理. 戦争指導の三つの視点. 戦争指導者としての東條英機. 辻政信. 勝敗なき戦場. 統帥権独立の呪縛. 政治化の伏線. 陸軍軍人はなぜ政治化したのか. 国民政府ヲ対手トセズ. 陸軍の日独同盟論. 独ソ不可侵協定は想定外だったのか. 構想力なき戦争
キーワード 陸軍-日本-歴史-昭和前期
おすすめ本
この本を借りた人は、以下の本も借りています。
アレックス・シアラー∥著、金原 瑞人∥訳、西本 かおる∥訳
ジョーゼフ・ジョルダーニア∥著、森田 稔∥訳
堀江 敏幸∥著
金 素雲∥訳編
服部音楽出版∥監修
吉田 悦志∥著
樋口 良澄∥著
ノーマン・ドイジ∥〔著〕、高橋 洋∥訳
新田 昌英∥著
NHK「ゲノム編集」取材班∥著

 

■蔵書状況

所蔵: 1    予約: 0 件
所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 種別 備考
ふみの森もてぎ図書館 青58 - 3連6段 G310/ト 100049623 一般図書
貸出できます
※「(配送中)」の資料については、窓口にてお問い合わせください。