ログイン中の会員
ゲストさん
資料の詳細

■資料情報

書名

にもかかわらず 1900-1930

著者 アドルフ・ロース∥〔著〕、鈴木 了二∥監修、中谷 礼仁∥監修、加藤 淳∥訳
著者典拠
出版者 みすず書房
出版年 2015.9
ページ数 333p
大きさ 22cm
ISBN
4622078872, 9784622078876
内容紹介
都市・建築から、家具、工芸品、ファッションまで。20世紀初頭のウィーンで論陣を張ったスキャンダラスな毒舌家による同時代「スペクタクル社会」批判。近代建築宣言の先駆として名高い「装飾と犯罪」をはじめ、31篇を収める。
内容:「他なるもの」より. わが人生の断片より. 陶器. ウィーンにある最高の内部空間、最高の邸宅、最高の消えゆく建物、最高の新建築、最高の散歩道について. 私の建築学校. 文化. 無駄〈ドイツ工作連盟〉. 文化の堕落. 装飾と犯罪. ウルクに. 建築. ちょっとした出来事. ウィーン人に告ぐ. ミヒャエル広場の建物に関するふたつの主張とひとつの付言. 音響効果の不思議. ベートーヴェンの病める耳. カール・クラウス. 山村で家を建てるためのルール. 郷土芸術. 口出しするな!. ペーター・アルテンベルクとの別れ. 読者からの質問と回答. 都市住民が移住する日. 住むとは何かを学ぼう!. 家具の終焉 ほか6編
キーワード 近代建築 モダニズム

 

■蔵書状況

所蔵: 1    予約: 0 件
所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 種別 備考
ふみの森もてぎ図書館 緑42 - 4連3段 F703/ロ 100028669 一般図書
貸出できます
※「(配送中)」の資料については、窓口にてお問い合わせください。